http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

犬たらしなヒト2013年08月20日 21:53

 「世の中には自然に動物とお友達になれる、ムツゴロウさんみたいな人がいるらしい。」

   そういう噂は聞いていましたが、まさかこんなに身近にいるなんて。

 先週の信州への旅の帰路、軽井沢に滞在する幼馴染のバゲ氏のお宅に立ち寄らせてもらった時、私が見たものは。。。

   警戒心が強くて獰猛で知られる「あぷりこっとつりー」の狂犬1号、2号(またの名を看板犬大きい方と小さい方)が、まるで吸い寄せられるように争ってバゲ氏の元へ。

 
バゲ氏に飛びつく2匹の狂犬

 それから飛びつき、寄り倒し、陶酔したようになめ回し、2匹とも全身で好き好き大好きサインをバゲ氏に送りまくりました。

バゲ氏を今にも食わんとする狂犬

 大変な犬たらしのバゲ氏にとっては、「よくあること」と余裕で、犬たちにやりたい放題させてくれました。

 バゲ氏にあふれ出る愛情を送って安心したせいか、帰りの電車の中では2匹ともぐっすり眠り続け、楽しかった旅を思い出して時々寝言を言っていました。

 それにしても、そこにいてくれるだけで場が和らぐバゲ氏オーラは、ヒトだけじゃなくてあらゆる動物を安心させるんですね、きっと。
 同行した家族も、すっかり彼の作り出す楽しい世界で癒されてきました。

 それはそうと、8月17日のブログで、苗名滝の散策路で高さ200m、幅300mの吊り橋を死にそうになって渡ったと書いたら、バゲ氏から高さも幅も0が一つ多いとお叱りを受けてしまいました。
 そんなはずはないので、白黒つける為、今日は命がけで巨大吊り橋を渡る私の勇壮を収めた証拠写真をUP致します。
巨大吊り橋を行く店主の勇壮

 ほらね。こんなに高くて長い! ほんと、怖かったんですよ。