http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

ここ、掘ってみぃ!2014年02月28日 22:55

 数日前のことですが、アメリカのゴールドカントリーという地名の場所で、犬を散歩させていたご夫婦が10億円相当の金貨を見つけたというニュースがありました。

 そのニュースを聞いて、我が看板犬たちに「よーし、ウチにだって負けずに金山とか金沢とか金軽井沢とか、金にゆかりがありそうな場所に行って、金貨探すぞー。おまえたち頑張るんだぞ。」 と気合いを入れていたら、横から子供に水をさされました。
 
 「散歩していたのは自宅の庭。」
 「見つけたのは犬とは言ってない。」
 「自宅の庭で犬を散歩させられる時点ですでに大金持ち。」
 「生きている次元がちがうのよ。」

 あっ、そ。 それを言われちゃ立つ瀬がない。

 はいはい、庶民はありえそうもない妄想に惑わされないで、確定申告の計算間違わないように気を付けますよ。

 せめて今年の桜餅の夢でも見ましょかー。

大晦日の夜に2013年12月31日 22:00

     除夜の鐘 待ってられない 六時前。

 2013年大晦日の今日、看板犬たちも無病息災を祈念して、年越しそばを頂くことになりました。


 先日もう自分で稼いでいる長子が池袋のペットショップで見つけて買ってきてくれた犬用年越しそば。

 真空パックのそばと鳥のささみに鳴門までついて、一人前(一頭前?)¥480。 いいお値段です。 昨日私が昼にすすった駅の立ち食い掛けそば¥360。 負けた。

 六時前にはペロリと平らげて、リビングでまったりくつろいでいます。
 元気でいてくれれば、ちょっとくらい行儀が悪くても、まぁいいか。

 子供たちは東京ドームで年越し。
 TVを消した静かな部屋で、犬の寝顔を見ながら今頃年賀状書きです。
 お世話になっている皆様、賀状が遅れるご無礼ご容赦下さい。

 では皆様、 良いお年を。

生まれました。2013年12月30日 23:13

レッドビーシュリンプの親子
 ここ数日Ushiさんのご機嫌が良いんです。
 夕食の内容もこころなしか豪華になって、大歓迎。

 ご機嫌なのは、Ushiさんの大切なペット、レッドビーシュリンプが、久々に子供を産んで増え始めたのが理由。

 3年くらい前から飼い始めて、最初はビギナーズラックなのか、特に飼育に気を付けることもなくいたら、いつの間にか子供がわんさか生まれて、水槽が過密になったこともありました。

 ところが、しばらくすると次々と死に始めて、とうとう全滅。
 そのあとは水をこまめに変えたり、水槽を汚さないように食べ残しを回収したり、かなり努力していたのですが、何度新しく買って入れてやっても、短期間で死んでしまうことが繰り返されました。

 朝起きると、何よりも先にまず水槽に顔を近づけて、「ああ~、また死んでる。。」と落胆する日々で、落ち込む彼女につられて、私も朝から気持ちが晴れない日が続きました。

 あまりに全滅が繰り返されるので、一度土を全部入れ替えてみたところ、ようやくすぐには死ななくなって、そして待望のベビー誕生となりました。
 (タイトルの写真で、矢印が示した先に見える、小さな赤白が子エビです。)

 エビ、カニは普通卵から孵ると、まずプランクトンの一種として暮らし、だんだん大きくなって親と同じ形に変態します。でもレッドビーシュリンプは卵の中で変態のプロセスを済ませて出てくるようで、生まれていきなり親とおなじ紅白模様です。
 とは言っても、親でも体調1cm程度のちいさなエビなので、生まれたての小エビは1~2mmで、老眼の目では探すのが大変です。

 今のところ餌も良く食べてすくすくと育っていて、Ushiさんの願いと努力が報われたようです。
 
 エビベビーたちよ、君たちが頑張れば我が家の食卓は明るい。何事もなく元気に育っておくれ。

看板犬の一日2013年09月30日 23:40

看板犬
 今日はあぷりこっとつりーの看板犬たちの一日をご紹介致します。

6:00  私が寝床から起き出す物音に反応。
     リビングに置いたプラスチック製のハウスのドアを、
    「早く出して」とカシャカシャひっかいて催促。
     表に出した途端に二匹揃ってUshiさんの寝床に
    ダッシュして、おはようの挨拶で彼女をなめまくります。
 
6:05   挨拶がひと段落すると、出すものだして、次に私の
     足元にまとわりついて「おなか減った、おなか減った」
     の強烈アピールです。

6:10   朝食。我が家では毎食固いドッグフードを与えて
    いますが、体重維持のため、管理栄養士Ushiさんが
    作った配合に従って、低脂肪餌と普通餌をブレンドして、
    理想体重4.8kgの大きい方には40g、理想体重2.6kgの
    小さい方には27gと決めています。
      いつもおなかをすかせている2匹を見ると、おまけを    
    してやりたくなるのですが、ちょっと多めに食べさせると
    すぐ体重が増えてしまうので、心を鬼にして我慢。
 
      しかし毎食同じドッグフードで良くも飽きないものだと
     感心しますが、毎回餌を貰える喜びを、跳ねる振える
     鼻を鳴らすで強烈に表現するんです。

7:00   こども達が起き出すのを、各部屋の前でじっと
     待ちます。
      目覚ましが鳴っても起きないと、リビングに言いつけ
     にやってきて、「ちょっと連中起こしなよ!」
 
7:50   朝の散歩はだいたいUshiさんと私が連れ出して、
     近所の公園周りを15分くらい歩いてきます。

8:30   家族皆が職場に、学校にと出かけると、犬たちの
     長く退屈な一日が始まります。大概はお気に入りの
     椅子の上や、座布団の上や、ときに畳んだだけで
     しまっていない私の布団の上であったり、思い思いに
     場所を移動しながら、ひたすら寝ているようです。
      せっかく2匹いるので一緒に遊べば良さそうなもの
     ですが、小さい方の気が強くて、大きい方の誘いを
     「いやだよーっ」と無視します。

17:30  夕方、家族が帰り始めると、「待ってたよー!」と
     玄関まで飛んで出てきて大歓迎。

18:00  朝食と同じ量の夕食をもらって、溜まったもの出して、
     運が良ければ、フリスビー遊びに付き合ってもらいます。

18:30  子供たちのどちらかが、定期的に2匹のブラッシングと
     歯磨き。ブラッシングは気持ちよさそうにじっとして
     いますが、歯磨きは大嫌い。なんとか逃げ出そうと暴れ
     まくります。

20:00  夜のお散歩。
      朝と同じ公園周りを、朝より長めに30分くらい歩いて
     帰ってきます。

21:00   もう眠くなった2匹は、私に「布団敷いて」と目で合図。
      最近なぜかハウスにまっすぐ入らないで、1時間くらい
      私の布団で寝てからハウスに向かいます。 家族に
      言わせると、「とーちゃんの布団は自分たちと同じ匂い
      がして安心するんでしょう。」だって。 失礼な!

22:00   自分の布団を敷きに来たUshiさんに、
      「さあさ、ハウスでネンネ。」と促されて、眠い目を
      こすりながらハウスに素直に移動します。
       ハウスのドアを閉めて、まぶしくないように覆いを
      かけて、おやすみ。
       明日もまた元気に遊ぼうね。

昨日のあぷりこっとつりー2013年09月09日 21:50

 昨日の原宿あたりの空模様、午前中からどんよりして、雨が降ったり止んだり。

 開店からいやな予感がしていましたが、待っても待ってもお客さんがいらっしゃいません。

 店のハス向かいの貸しホールVACANTさんも、前の道の奥にあるデザインフェスタギャラリー(DFG)さんも、イベントや展示の人気が今一つみたいで、人通り事体極端に少ない一日でした。 向かいの美容院CORさんだけは順調にお客さんの出入りがあって、「いいなー。」

 店を始めてもうすぐ4か月。
 お客さんの入りが少なそうな日は、なんとなく「匂い」でわかるようになってきました。

 で、昨日のあぷりこっとつりーは、お客さん入らない臭プンプン。早々にあきらめて、店は趣味工房と運動場に早変わりです。

 私は先月からちょっといじり始めてみた陶芸粘土でひねった人形の色付け。
Ushiさんはクリスマス向けの飾りつけ人形をフェルトで作成。
 二人とも絵本屋そっちのけで、静かで涼しい店で趣味のものづくりにはまり込みました。

 看板犬たちは、玄関先で物音がすると「すわっお客さん!」と張り切って尻尾を振って待機するのですが、空振り続きで退屈も限界。
 見かねたUshiさんが、カーペット敷きの古本コーナーで、看板犬たちとフリスビー遊びをしてあげました。
遊んでもらう看板犬
 看板犬は大満足で大喜び。

 でも、看板犬が満足した頃には、外では大粒の激しい雨が降り出してしまって、ますます人通り無く、結局昨日はまさかのノーゲスト。
 こんな日もあるんですね。  撃沈。。。

   下は陶芸粘土で作ったコツメカワウソ。またお腹が彼のお人のカーブになってしまいました。
コツメカワウソ