http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

ぼらがまさん2015年10月14日 23:19

 あぷりこっとつりーのレンタルボックスに、新しい出展がありました。

 埼玉県久喜市で笠間焼の注文作製や陶芸教室、カフェを運営しているぼらがま工房さんが、手びねりの可愛らしい陶器を展示して下さることになったんです。

 パンダ、ネコ、お家のお皿


 犬と猫の箸置き


 ハリネズミといちごの箸置きに、ハトと鍵のオーナメント

 それに、ぼらがま工房さん一の売れ筋、ミスターHaniwa。頭をなでながら願い事をすると、夢がかなうような気がする、売れない絵本屋が儲かり始めた気がする、奥さんが優しくなったような気がする(個人的な感想です)と評判です。


 みんなカワイイ作品ですが、個人的好みだと、いちごの箸置きいいなぁーと。 箸置き以外にもちょっとした机や棚のアクセントにしたり、裏に磁石を付けて金属に張り付けたり。ちょっと重いけど、穴をあけてイヤリングにしてもいいんですよ。
 使いみちいろいろです。

 みんな手びねりなので、一つとして同じ物無し。じっくりと選んで、自分好みの一品見つけて下さい。

 余談ですが、ぼらがま工房の奥さんと一緒に来店してくれた長男の雄真君。はっきり挨拶のできる子だなぁーと感心していたら、実はプロダクション所属の子供の俳優さんでした。
 今年の11月27日から11月29日に、シアター1010で公演されるミュージカル「風雲新選組 -月影ー」の土方歳三(沖田総司だったかも)の子供時代の役を、オーディションで見事勝ち取ったのだとか。未来の映画スターかも。。。いまのうちサイン貰っておこうかな。

MONさん2015年10月12日 23:32

 あぷりこっとつりーでは、今週からイラストレーターでエッセイ漫画家、あるときは翻訳者のMONさんのちいさな絵本Zineとトートバッグの取り扱いを始めました。
(翻訳絵本に本ブログの絵本紹介141に登場した「パパのカノジョは」もある方です。http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg )

【TABIMON 旅の本】
 国内、国外を旅したMONさんがイラストや写真と愉快なエッセーで綴った旅行記です。旅ごころに火が付いちゃいます。
 ・博多宮島善通寺
 ・鳥取 and the Dune
 ・九州ぐるり
 ・BERKELEY 2 WEEKS
 ・ALASKA 3WEEKS


【CINEMON-映画の本】
 映画に出て来た犬と猫のことをイラストとエッセイで教えてくれます。
残念ながらまだ見たことが無い映画ばかりですが、この絵本を参考にDVD借りてみてみようっと。
 ・映画の犬と猫

【KODOMON-コドモの本】
 MONさん自身の子供の頃の失敗談や創作の物語。そして娘さんの成長を追ったアルバム的絵本。
 ・パンツのゆくえ
 ・gems
 ・コドモノオクリモノ


【KUIMON-食べ物の本】
 手軽でおいしい料理のレシピに、趣味で集めているスプーンについてのエピソードいろいろをイラストと軽妙な文章で語ってくれています。
・Late Summer Branch
・Spoons


【KENOMON-犬の本】
 犬好きにはたまらない絵本。愛犬はるとの生活からMONさんが気づいたことを綴った絵本ですが、あるある、わかるわかるの連続で、楽しくなってしまいます。続編が待ち遠しいー。
 ・はるのおくりもの
 ・犬のおしえ


【KIRUMON-着るものの本】
 若い人のファッションをイラストにした本は多いけれど、お婆さんのファッションにそぽっとライトを当てた、たぶん唯一の絵本では?登場するどのお婆さんも、MONさんの愛情フィルターを通しているからか、誰もがオシャレでカワイイです。
 ・バアサンオシャレサン


【KAIMON-買い物の本】
 ご自身で集めたトートバッグのうんちくをイラストと楽しい文章で教えてくれます。
 ・TOTE BAGS OF MINE

【黒犬カラフルトートバッグ】
 黒犬の止まれ、待て、お手、ねんねのイラストが入った青、緑、赤、黄のオシャレなトートバッグです。


 是非楽しくてかわいいMONさんの作品、見に来て下さいね。

かわいいフェルト作品2015年06月22日 23:59

 あぷりこっとつりーでは、昨日から一般社団法人みのりの里様の地域支援活動センターいなほ(横浜市港南区 http://www.minorinosato.jp/page3)の皆様が製作した、かわいいフェルト作品の委託展示販売を始めました。

 地域支援活動支援センターいなほでは、おもに知的障害のある方や知的障害を伴う自閉症スペクトラム方、あるいは様々な理由で一般的な就労生活に適応が難しい方が集い、自主製品づくり、印刷物受注作成、軽作業の受託などの日中活動を行っています。また喫茶店営業やリクリエーション活動も通して、自分らしく豊かに地域で暮らし、人と人とのつながりを大切にして、人としての人格形成やQOL向上をモットーに 活動をされています。

 今回ご縁があってお世話になるのは、いなほの皆さんが気持ちを込めて作った自主製品のうちの一部です。

 どんな作品があるのか、順番にご紹介していきますね。

 まずはトップバッターは羊毛フェルトマグネット。1個¥500。
 今回は11種類のかわいいキャラクターが遊びに来てくれました。

 ネコちゃん、ワンちゃん、ヒツジさん、ウサギさん、コアラくん、モンキッキーにカエルぴょん。あっあと、親子ガメさん。どの子も個性的。
 私も作ったことがありますが、羊毛フェルト毛糸の繊維を細い針でひたすらチクチクチクチク、毛糸が互いに絡み合うまでさし続けるんですねー。思ったような形をつくるためには、細かいパーツに分けて作ってから全体をくっつけていくのですが、小さいとよほど集中していないと自分の手をチクリとやってしまいます。このチクリが結構深くて痛い!
 いなほの皆さんの作品はしっかりしていて、きっと私が作ったものなんかよりもっともっとチクチクを繰り返したのだろうなーと努力が窺えます。

 お次は、フェルトで作ったタコウインナー。1個¥400。
 おすまし、おしゃま、泣き虫、いじめっ子。どの子の表情も可愛くて、全部独り占めして並べて物語を作りたくなりますね。

 本物のタコじゃなくて、タコウインナーというところがいとおしくなりますね。小さな腕の先まで手縫いでしっかり作られていて、小学校の裁縫の成績が2だったトラウマを抱える私としては、もはや神です。

 三番手は対策。フェルトで作ったお弁当セット。

 おにぎり、卵焼き、エビフライにサヤエンドウ。シュウマイを外さないあたり、さすが崎陽軒のふるさと横浜ですね。この豪華なお弁当セットがタッパー付きでなんと\1,300。破格すぎる製品です。

 2セットがやってきてくれたのですが、1セットは棚に並べて3分でお買い上げになってしまいました。お客様、お目がたかーい。

 いなほの皆さんの自主製品が加わって、棚がぱっと華やいだあぷりこっとつりー。一生懸命作られた作品ができるだけたくさんの人と出会って、恋をして、嫁いでいきますよう、及ばずながら仲人しちゃいます。

   いつもあぷりこっとつりーをご贔屓にして下さいます皆様、次回ご来店の際はぜひかわいいフェルト製品をゆっくりとご覧になって、ぜひ熱い一目ぼれをしてください。
 お待ちしております。

もびりこせ!!2013年11月25日 15:50

 「もびりこせ」
   ネットで調べてみましたが、日本語なのか外国語なのか、どんな意味なのかどんな場面で使うのか、全然情報を得られませんでした。

 種明かしをすると、「あぷりこっとつりー」に飾らせて貰っている幻想的で静寂感のある絵の作者、松川光弘さんが12月3日から渋谷で開く展覧会のタイトルになっている言葉です。

 なんでも、四日市辺りの昔ながらの言葉で、「のりこえちゃうぞ」みたいな意味だとか。(松川さん、合ってます?)

 なんかいい響きですよね。
 どんなイントネーションなのでしょう?力強く言うのかな?いたずらっぽく言うのかな?

 上司から「さあ、今月も前年同期比120%でいくぞ!」とか言われたら、勘弁してよーと思っちゃうけど、「みんなぁ もびりこせー!」だったら、うしっ、ガンバッかぁーと下腹に力入りそう。


 展覧会「もびりこせ」は松川さんとお仲間計6名で、12/3(火)-12/8(日)に渋谷駅の埼京線ホーム恵比寿より新南口改札から出てすぐ近くにある、ギャラリーLE DECO(ルデコ)で開催しているそうです。彫刻あり、油絵有り、シルクスクリーンありで、若手の芸術家さんたちのフレッシュな感性堪能できそうですよ。
 「もびりこせ」の使い方興味ある方、ちょっと立ち寄って尋ねてみて下さいね。 おっと、もちろん芸術に興味ある方も、軽井沢三分の二在住の方も、日展に嫌気さしちゃった方も、ついでに今朝定期忘れちゃった方も、是非是非。

 若い人たちの芸術やサブカルチャーが盛んで、クールジャパンと言われてたくさんの外国人が遊びに来てくれる世の中って、日本がとても平和で自由で呑気だからこそですよね。
 あれも機密、それは秘密って法律できたら、真面目で素直な日本人、なんでもかんでも目くじら立てて自粛させられちゃうんだろうなぁ。怖いなぁ。嫌だなぁ。

  下の写真はクリスマスシーズンに急いで間に合わせたサンタさん人形です。橇を曳くのはトナカイならぬコーギーちゃん。こんなサンタがいてもいいかなーと妄想膨らませてみました。


 クリスマスまでの一月ちょっとの短い時間ですが、「あぷりこっとつりー」入り口出窓に飾ってますので、ご来店の時はちょっと見て頂けると、目立ちたがり屋の店主としては幸せです。

看板犬初出勤2013年06月08日 16:58

 アプリコットツリーURLに英語ページUPしました。
 だんだん東京に来ている外国人の方々にも立ち寄っていただけるお店にしたいなと夢見ています。
 
 今日は看板犬2匹が初出勤でした。

 朝、私たちが移動用のハウスを用意したりしているので、どこかに連れて行ってもらえると期待のワンコたち。 ハウスに入るとなると、いつもは郊外の大きな公園行きやお泊りの旅行なので、ちょっと期待していたみたいです。

 でもハウスから出してもらえたのは原宿の東郷神社の境内。??どこ、ここ?

 お店に着いてしばらくは落ち着かない様子でしたが、座布団で居場所を作ってあげるとようやく落ち着きました。

 開店まであと1週間の今日、「あぷりこっとつりー」に素敵な絵を提供してくださった若手画家の松川光弘さんご夫妻と、松川さんの絵を贈ってくれた幼馴染がお店を訪ねてくれました。

http://www.matsukawa-mitsuhiro.com/

 松川ご夫妻は美男美女のとてもいい感じのカップルで、提供していただいた絵は奥様をモデルにした思い出の作品であったとのことでした。
 現在名古屋在住の松川さんですが、お仲間と東京でも展覧会を企画されたりしているので、チャンスがあればうちのお店でも展示してもらいたいなと思っています。

 幼馴染氏はとても懐かしい友人で、いまはすっかり洋服屋さんやカット屋さんが軒を連ねた裏原宿を、一緒に小学校、中学校に通った仲です。

 クラスに必ず一人はいるおっちょこちょいの人気者タイプで、同級生には絶大な人気なのに、先生たちからは目を付けられていて、それでも大人に媚びなかったピュアな人。
 彼がいてくれると、周りは全く自分を飾る必要がなくなって、今でもとてものびのび過ごすことができるんです。

 こういう素敵な友人やそのご縁の人たちに支えられ、応援されて、ようやく来週開店しよう!というところまでこぎ着けました。

 来て下さるお客様に楽しんでいただけるよう、準備ラストの仕上げ頑張るぞ。