http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

ベネツィアからフィレンツェへ2015年04月11日 06:56

(ベネツィア、サンマルコ広場裏の運河に架かるため息橋。その昔、囚人はこの橋を渡って監獄に送られたのでこの名前がついたそうです。この橋の下でキスをしたカップルは幸せになれると言い伝えがあるよとUshiさんに言ってみましたが、完全無視でした。)

イタリア旅行3日目、今日もよく晴れてくれました。

今日は朝一で昨日行列で断念したサンマルコ広場の高さ96mの鐘楼に登って、ベネツィアの街全体を眺めてみました。

地中海の内海のアドリア海、その一番奧の港街がベネツィアなので、海は鏡の様に穏やかに輝いてきます。

ずっと続く赤瓦と空の青さのコントラストが印象的でした。
鐘楼を降りたら、今度はサンマルコ大聖堂の中を見学しました。荘厳で重厚な雰囲気に、危なく何もかも白状して懺悔するところでした。あぶね〜あぶね〜。


心を清めた後は、ベネツィア辺りが発祥と言われている本場のティラミスでちょっとお茶タイム。すっごく甘いだろうなと想像していましたが、甘さ抑えていて2人で1個で美味しくいただけました。日本で食べるティラミスの方が濃厚な感じです。
因みにティラミスのお値段€9、¥1200くらい。観光地にしても、ちと高かったです。

歩き回ったベネツィアに午前中で別れを告げて、ベネツィア発ローマ行きの高速列車でフィレンツェに移動です。

途中のボローニャまではのどかな田園風景が広がり、緑の芽吹きが柔らかで、所々に桜の花もみつけました。広い畑とポプラが並ぶ景色は、北海道の春とよく似ていました。

なにかの果樹の白い花が沢山ついていました。何の花だろう?
ボローニャを過ぎると一転山が多くなって、トンネルだらけのルートに変わりました。ベネツィアから2時間強で予定通りフィレンツェ到着。

私2度目、Ushiさん始めてのフィレンツェ。駅近くのホテルにチェックインしたら、すぐに街全体が見晴らせる高台にあるミケランジェロ広場を目指して出発。途中アルノ川に架かるベッキオ橋を渡る際は、竹下通りも真っ青の混雑にUshiさんぐったり。
ベッキオ橋(ポンテベッキオ)。橋の上を宮殿からの回廊がとおっています。両側には金細工のお店がびっしりと並んでいますが、高すぎて関係ありません。
ポンテベッキオの上の喧騒。凄い数の観光客が通ります。

それでも急な上り坂をなんとかクリアして素晴らしい見晴らしに出会ったら、すっかり元気を取り戻しました。


ホテルへの帰り道、サンタマリアノッベラのカフェで本場のパスタを試してみました。トマトのペンネも魚貝のスパゲティも、オリーブオイルたっぷりで美味かったぁ。でも日本のパスタも良い勝負です。


明日はまた朝からフィレンツェの街中探検です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2015/04/11/7608792/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。