http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(26)2013年08月25日 16:00

題名  : きみは太陽のようにきれいだよ
文    : チェマ エスラ
絵    : ロサ オスナ
訳    : 福原 麻希
出版社 : 童話屋

 畑仕事をしていたホセは、通りかかった車から、「きょうの夜、広場でパーティーを開きます。みなさん、一緒に踊りませんか」とアナウンスが流れたのを聞きます。

 家に帰って妻のアナにパーティーのことを伝えますが、アナは「わたしは行かない。だって、もうおばあさんだから、パーティーなんか似合わないわ」と沈んだ声で応えます。

 その言葉を聞いて、しばらく黙っていたホセですが、ふと足元のマーガレットを摘んで、アナに手渡しました。
 「でもアナ、きみは太陽のように、とてもきれいだよ」と言いながら。



 どうです日本のおとうさんたち。ちょっと旬を過ぎちゃった奥さんに、恋人に、言えますか、この言葉。

 正直に言います。私、言ったことありません。
 釣り上げるまでは、確かさかんに言ってたのにね。

 でも、心の中では思ってるんですよ。
 「若い時とは違うけど、今もすてきだね」って。

 アナはホセに褒められて、少しずつ外に出ていく気持ちに変わっていきます。
 アナが暗い目を気にしたら、「夜空の星のように見える」
 アナが短いまつげを気にしたら、「たった今手入れしたばかりの芝生のようだ」

 励まされるうちに前向きになって、アナはホセにエスコートされてパーティーへと向かい、二人でダンスを楽しみました。



 いやー、やっぱり思っているだけじゃダメなんですね。
 ちゃんと言葉にして伝えないと。

 そー思ってUshiさんに「そのシワのひとつひとつが、みんな君の人生だね。」って言ったら、「22歳の別れかっ!」って返されました。

 やっぱ真似しちゃダメですね、こーいう言葉って。

コメント

_ ミーコ ― 2013年08月25日 21:14

とても素敵なご夫婦の話。いくつになっても一人の女性として接して欲しいし、ちゃんと言葉に出して言ってもらいたいと世の中の女性は思っているんじゃないですかね〜?ま、男性もそうかもしれないですが....。
ちなみに彼は照れずにいつもちゃんと思ってることを言ってくれます。その一言でお互いが思いやる気持ちになれますし、感謝の気持ちも湧いてくるのです。
店主さんの奥様もきっとわかってらっしゃいますよ〜。

_ またまた匿名希望 ― 2013年08月25日 21:45

ま〜たまた、ご馳走様です。(まったく、仲良いねー)
そうそう、シワと言えば、Mーコと付き合い始めたころ、「目尻のシワ何本有るの?」って聞いたら真面目にしばらく考えて、「10本ぐらいかなぁ」だって。
私は「32本!(4×8)」って答えてほしかったのに。(^ω^)

_ apricot-tree ― 2013年08月25日 23:54

ミーコ様
お互い思いやるって、大切ですよね。
いい人パートナーに巡り会いましたね。

匿名さま
あなたはエライ!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2013/08/24/6956783/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。