http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

ひどいなー2016年11月28日 23:32

久しぶりの休みを使って京都に紅葉狩りに出かけてきた長女。四条の錦市場で土産にマロングラッセを買ってきてくれました。

製品の真ん中に「京丹波」の大文字。場所は京都。普通有名な栗の産地、丹波を思い浮かべて買っちゃいますよね。

ところが裏を返してびっくり。
栗の産地はなんと中国。京丹波は売っていた店の名で、生産者でもない。

最悪な推定すると、中国のクリで中国でつくって、京丹波産と見紛うパッケージで京都の有名な市場で売っている。
間違うのはうちの娘だけじゃないですよね、きっと。

別に中国製が必ず悪いとは言うつもりはありませんが、こういうコズルイやり方はかなしくなります。

(株)京丹波さん、いつかしっぺ返し食いますよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2016/11/28/8262272/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。