http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

9/3 あぷりこっとつりーこぼれ話2016年09月03日 23:35

もう9月。秋祭りの準備に忙しそうな町内会をよく見かける時期になりました。
 看板犬たちはずいぶん臭くなってしまったので、今日はエステサロンUshiでシャンプー&ブラッシング予約の為、お休みでした。

頭痛とワンコ無しでテンションが上がらず、家でぐずぐずしてたら開店が15分遅れ。それなのに看板を出す前に女性2人組のお客様がご来店。絵本好きの方たちだった様で、まだ冷房が効いてこない蒸し暑い店内でじっくりと絵本を楽しんで行って下さいました。
 トイレ掃除も追いつかなくて、失礼しました。

 ちょっと気候が過ごしやすくなったからか、久々に来店が途切れない午前中になりました。

 昼過ぎにいらしたカップルの女性は、店内見回してすぐに、「なんか斎藤さんの臭いがする」
 ? 斎藤さんの臭い? 新しいアロマオイルかしら?
 レンタルBoxの商品を見ていたその女性、「やっぱりサイトーさんだ!」
 兵庫在住のイラストレーターサイトーさんのことでした。
 なんでも、女性は石川県在住の作家さんで、前に展示即売会でサイトーさんと意気投合されたそうで、たまたまアプリコットツリーにふらっと入ってサイトーさんの作品を発見されたのでした。
 兵庫と石川の交差点は、裏原にあったんですね。

 3年前の開店依頼ご贔屓にしていただいている若い男性のリピーターさん。今日も古本コーナーから2冊の絵本をお求め頂きました。その方曰く「いつも新刊の絵本も見るんだけど、なんか昔の絵本の方がピンときて、結局古い絵本買っちゃうんですよねぇ。」
 うん、うん。なんとなくわかります。
 素人が失礼と思いますが、毎月新刊で発行されるたくさんの絵本、でもその中で「あっ、これいいなぁ。是非お客様に勧めたいな。」と食指が動く絵本がとても少ない。
 なぜなのでしょう? 活字の本と同じように、絵本の世界も売り上げが落ち込んで、若い才能ある作家が育つ前に脱落していく、なんて事態でなければ良いのですが。。。

 今晩の我が家の食卓、ほくほくの栗ご飯とさんまの塩焼きでした。
 秋はおいしいものがたくさんあって、楽しみですね。