http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(287) おはなをあげる2016年08月21日 22:12

題名  : おはなをあげる
作    : ジョナルノ ローソン
絵    : シドニー スミス
発行所 : ポプラ社

 今日ご紹介する絵本は文字が無い、絵だけの絵本です。物語が無いので、絵を見た人それぞれがお話を作り上げていくことになりますが、いろいろな物語が生まれそうです。


 モノトーンの街並みのなか、お父さんに手を引かれて一人だけ赤い色のついたレインコートを着ています。


 お父さんも、行き交う人も、車も、ハトも、みんなモノトーン。

   けれどコンクリの間から顔をのぞかせたタンポポだけが色を持っています。女の子がタンポポを摘んで香りを嗅ぐと、その一瞬だけ街に色が戻りました。


 しばらく歩くと、ガード下の壁の隙間からヒナギクが。女の子は摘み取って、タンポポと花束を作りました。

 公園の道、モノトーンのスズメの亡骸が横たわります。女の子がスズメに花を手向けると、スズメにも公園にも色が戻りました。ベンチで寝ている酔っ払いにも花をあげたら、お父さんにも街にも色が戻りました。


 少女の自宅、迎えに出て来たお母さんの髪に花飾り、庭で遊ぶ弟たちも花で飾ってあげると、お家はずっかり美しい色に包まれました。


    街に色彩を取り戻してくれた心優しい女の子なのですが、街や人に色が戻っても、なんか浮かれない顔で空を見上げます。そしてお花を持ってまたどこかに。 いったいどこに行くの?

   なんとなく単純なハッピーエンドではなさそうなストーリーが感じ取れて、不思議な余韻を残すラストになっています。

 さて、あなたなら、どんな物語にしますか?

8月27日 あぷりこっとつりーこぼれ話2016年08月27日 23:59

今年ははるか上空の偏西風のルートがおかしいそうで、その影響で今日は東京にも涼しい空気が流れてきました。暑さが一息ついたら、なんだかとっても眠くてたまりません。

店番で居眠りしたり、記事を書いてる今も、時々意識がなくなります。

【困ったぁ】 あぷりこっとつりーのショプカードが品切れになってしまったので、再度印刷を頼みたい。でもどうしても前回頼んだ印刷屋さんの名前が思い出せない。その印刷屋さんなら前回お願いした時のデータが残っているので、簡単に注文できるんですが。。。こまりました。

【 やっと嫁入り】 一昨年のクリスマスシーズンにあぷりこっとつりーにやってきたドイツのエルツ地方の手作りくるみ割り人形。2度のクリスマスを乗り越えて商品棚を飾っていたのですが、先日、なんの前触れもなく、突然嫁いで行きました。連れ帰ってくれたお客様は、去年からうちの子に目をつけていらしたとか。
幸せになっておくれ。

【看板犬うっとり】 今日最後のお客様は聴覚に障害をお持ちと思われる男女のお二人。ありがたいことに絵本も雑貨も気に入ってくださったようで、お買い上げいただきました。そして看板犬もえらく気に入っていただけて、撫で回してもらって、「またくるからね。元気でね。」
その濃厚な感情表現に、看板犬何かを感じ取ったようで、うっとりして目を細めていました。
是非またよろしくお願いしまーす。

絵本紹介(288) 小さないのち まほうをかけられた犬たち2016年08月28日 22:34

題名   : 小さないのち まほうをかけられた犬たち
文    : 今西 乃子
写真   : 浜田 一男
発行所 : 金の星社

 今日のご紹介は写真絵本です。捨てられて動物愛護センターに保護された犬たちを、少しでも殺処分から救おうと活動している個人のお話です。


 動物愛護センターは本当はヒトと犬が幸せに暮らしていく為に置かれた施設です。しかし現実には捨てられた犬たち、飼い主が飼えなくなった犬たちを殺す役目も果たさなければなりません。
 そのことがわかるのか、動物愛護センターに集められた犬たちの表情は、不安、悲しさ、あきらめが混ざって哀れです。


 こんな状況に置かれた犬や猫たちを、たとえ1頭でも救 いたいと考えて、センターから犬を引き取り、ヒトを再び信じられるように心のリハビリをして、新しい飼い主さんの元に送り出す、そんな活動している女性がこの絵本の主人公です。

 その女性は本当は全部の犬を救いたいけど、そんなことは無理なはなし。そこで、自分が引き取りたいと思える犬を選んでセンターに申し込みます。
 センターでその犬に伝染病が無いことを確認したら、自宅に連れ帰って毛のトリミングや健康診断を受けさせます。自宅の部屋に犬が安心して過ごせるサークルを設置して、トイレのしつけ首輪・リードに慣らします。


 捨て犬たちは元の飼い主から虐待を受けたり、無視をされたりして人間が信用できなくなっているケースも珍しくありません。そういう犬たちには「いい子だね」「大好きだよ」「もう捨てたりしないよ」と魔法の言葉を賭けながら抱きしめます。その犬の不安が無くなるまで声をかけ続けます。

 犬たちが再び人を信じて幸せな表情に変わって来たら、女性はその犬立を引き取ってくれる新しい飼い主を探します。犬たちに魔法をかけ続けてくれるしっかりした飼い主さんを。


 できることなら、この女性と同じように1頭でも殺処分から救ってやりたいと思いながら、様々な制約でできずにいて、歯がゆい思いでいます。
 この女性のような立派な行動まではいかなくても、いつか制約がはずれたら、1頭でも2頭でも幸せに生きる手助けをしようと、改めて決意しました。