http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

なんかなぁ。2016年05月17日 23:59

2020年の東京オリンピック招致に、怪しいお金が動いていたという報道。
最初とぼけようとした招致委員会も、あっさり認めちゃいました。今時クリーンにやってて五輪を持ってこれるわけないだろと、世論も暗黙の了解してくれるだろうとタカをくくった印象です。

こういうのがあるから東京にオリンピックが来ると言われても、なんか嬉しくないんですよね。
純粋に素晴らしいスポーツの祭典を国民に見て貰いたいと思って動いている人、どれくらいいるのかなと訝っちゃいます。

国立競技場も、エンブレムも、なんかそこに美味い汁を求めて集まる蛾みたいな連中の影が感じられて、胡散臭さマンテンです。そして今度の不透明なコンサル料。前都知事あたりたった2億で何百億の招致費用が生きたんだから、安いものだろと嘯きそうです。

そして昨日の文科大臣の発言。
招致レースは一時、福島の汚染水が嫌われて東京は不利だった。それを逆手にとって、福島の子供に希望をと言うストーリーを仕立てたんだと解説したとか。
福島の原発被害者の人たちをネタにしたこと、あっさりバラしてる。何の後ろめたさも感じずに。

オリンピックに罪はないかも知れませんが、金や権力の亡者の手垢にまみれた巨大なイベント、興醒めも良いところです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2016/05/17/8091490/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。