http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(274) Pony, Bear and Evening Star2016年05月01日 23:58

題名   : Pony, Bear and Evening Star
作    : Sigrid Heuck
発行所 : Thienemann

 今日の絵本は昨年のドイツ旅行で見つけた、ドイツの子供たち向けの英語教材絵本です。
 日本でも同じような教材があるのかもしれませんが、この絵本、楽しみながら自然に英語の名刺とそのつづりを覚えて行けそうで感心しました。小学校で英語の授業が取り入れられる今の世の中、こんな教科書なら学びやすいかもと思ってご紹介いたします。

 この絵本、頭の見開きと後ろの見開きが辞書になっていて、そこの今回のお話で使われるイラストとその英単語が描かれています。
子供は、最初にこのイラスト辞書で単語を暗記してから物語を読むもよし、物語の途中で一回一回辞書を見てもよし、イラストの英単語を綴りで覚えてもよさそうです。
 そして物語。文章の途中にちょこちょことイラスが紛れ込んで、ひとつひとつ英単語を思い出しながら読んで行かなければなりません。が、小さいころから絵文字入りの文章になれている今の子供たちなら、あっという間に自分のものにしちゃいそうです。

 例えば、

 ある暖かい夏の夜【ポニー】と【クマ】は【牧草地】の【納屋】の前に立っていました。「こんな夜より美しいものって、世の中にあるかい?暖かくて【小鳥たち】が鳴いて、やがて【リンゴ】も甘くなる。」と【ポニー】はため息まじりにつぶやきました。

 ポニーがPonnyと書かれているより、イラストの方がすんなり物語に溶け込めて、Ponny=ポニーも無理なく頭に入って来そう、そう思いません?
か?  「【お星さま】」、クマは願います。「【牧草地」にいるぼくの所に来て下さい!お願い!」 するとその時、流れ【星】が空から降ってきました。
 イラストが入ると、なんか柔らかくて、英語を読まされている感が薄まるような気がします。

サミットの地へ2016年05月03日 22:42

連休を使って、家族+ワンコで伊勢志摩に来ています。

朝東京を出て、新幹線と近鉄を乗り継いで伊勢市にやってきました。
伊勢神宮、凄い人出。ワンコは神社の中に入れないので、娘たちだけお参りして、私たちはそばの五十鈴川で涼しい風に当たっていました。
伊勢神宮周辺の景色は、なんかほっとしますね。神域ということで、古い日本の景色が残されて来たからでしょうか。

お伊勢さんの門前は、日曜の竹下通り並みの混み方。外国人も沢山来ていました。


伊勢から近鉄電車で宿のある賢島まで。宿の迎えの時間を過ぎてしまったのでタクシーを探したのですが、一台もない!タクシー会社に電話してもみーんな出払っていると言われてしまいました。
結局宿に泣きついて、特別迎えに来てもらいました。連休おそるべし。
賢島は今月末ににサミットが開かれるので、警官だらけでした。三重県以外から応援に来ている警官がいっぱい。連休なのにご苦労様。政治家の皆さん、ちゃんと話し合うこと話し合ってよね。

英虞湾、綺麗でした。2016年05月05日 23:59

2泊3日のワンコも入れた伊勢志摩旅行、あっと言う間に終わって東京に戻ってきました。
伊勢志摩は確かに日本の原風景が詰まった素敵な場所で、御坊ちゃまが外国要人やメディアに自慢したくなる気持ち、分からなくもありません。
本当に良いところです。

でも、志摩あたりの道路がやたらに新しく舗装し直されてキレイーになっていたり、英虞湾の岸辺は100mおきで警官が警備している様子をみてしまうと、この力とお金を福島や熊本に回せなかったのかなと残念になりました。
サミット、福島で開いてくれたらよかったのにな。
サミット1週間前から英虞湾の入り口は自衛隊の護衛艦、イージス艦、潜水艦で封鎖。湾内は巡視船がスタンバイ。電車も数日止められてしまうようで。のどかな風景とあまりに不釣り合いな物々しさでした。
親切にしてくださった志摩皆さん、ありがとうございました。

5/7 あぷりこっとつりーこぼれ話2016年05月07日 23:24

 大型連休の最後の週末。
 今日は天気が良い爽やかな天候なのに、あぷりこっとつりーのお客様はさっぱりでした。

 そんな低調ムードと気持ちいい風に誘われて、昼食後つい10分くらいうとうとしてしまいました。

 目覚めてからPCでいろいろ調べものをしていたら、自宅にいるUshiさんから電話が入りました。

 「なんか、原宿警察署からパピヨンを保護しているって留守電が入ってたんだけど。。。 チョビいる?」

 ええっ!慌てていつも看板犬がもぐりこんでいる押入れの中を見ても、辺りを見回しても、名前を呼んでも、確かにいない!

 先週くらいから柵を押しのけて勝手に店の外に出て行こうとする行為が続いていて、見つけるたびに叱っていたのですが、今回はつい居眠りした隙をついて逃げ出されてしまいました。

 急いで警察署に出向き引き取ってきて事なきを得たのですが。。。
 看板犬を見つけて警察署まで届けて下さった方によると、すぐ近くを通る大きな幹線道路の明治通りまで勝手に歩いて行っていて、車にひかれそうになっていたので保護して下さったとのこと。

 どっと冷や汗が噴き出しました。

 もし誰も助けてくれなくてひかれていたら。明治通りを渡ってずっと遠くで迷子になっていたら。野良犬と思われて連れていかれていたら。
 一歩間違えたら最悪の事態になっている所でした。 と、言うより無事帰って来たことの方が奇跡でした。

 奇跡は何度も起こらない。
 二度とこんな怖いことが起きないように対策しっかり立てないと。

 大冒険を終えて帰って来た看板犬は、よっぽど疲れたのか定位置の押し入れにもぐりこんでぐったりと寝込んでいました。
 無事でよかった。

5/14 あぷりこっとつりーこぼれ話2016年05月14日 23:49

連休が終わってしまったら、一気に慌ただしく時間が流れだした感じです。GWが毎月あれば良いのに。

【ゼロ】
今日は、ちょっと蒸し熱い日でしたが、原宿表通りは凄い人出。それなのに久々の売り上げゼロ日になって、ショック!

お客様はそこそこ来てくれました。皆さん可愛い小物や懐かしい絵本に喜んで時間を潰して行くのですが、買って連れて帰りたいとまで思わせる魅力の商品が、ないのかな? 反省しないと。

【同僚】
予期せず、勤め先の若い男の同僚2人が店を覗きに来てくれました。今日も休日出勤だった二人は、代々木公園のタイ料理かなんかのフェスティバルを目指して原宿までやってきて、ついでに訪ねてくれました。
絵本なんか全然縁がないだろうに、忙しい中気を使ってくれた気持ちに感謝です。
仕事の面でもとても有能な二人、いい子達です。

【駆ける女】
夕方近く、原宿あたりで友達と遊んでいた次女が、店に寄って行きました。
退屈そうなワンコたちを見て、散歩に連れ出してくれたのですが、よそ行きの格好でヒールの高い靴を履いての散歩となってしまいました。
次女がワンコの散歩をしてくれる時通常は走るもので、今日も興奮したワンコ達は、いきなり全速力で走り出したそうです。
今日の午後、原宿界隈で犬に引かれて雑踏を駆け抜ける変な女を目撃しでいれば、それはウチの娘です。