http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

ドイツクリスマス市 その32015年12月01日 07:20

連日ドイツクリスマス市話題で恐縮です。

昨日になりますが、フランクフルトから都市間急行(ICE)で1.5時間程の旅で、メルセデス本社があるシュトゥットガルトのクリスマス市に出かけて来ました。

ですが、それだけで1日持ちそうになかったので、シュトゥットガルトからSバーンという近郊電車で約20分のエスリンゲンというワインの街のクリスマス市から見物始めました。

エスリンゲンはガイドブックには載っていないのですが、ローテンブルグと似て木組みの家々が残っていたり、城塞が残っていたり、中世の情緒を感じさせてくれる街でした。

ここのクリスマス市は規模こそ大きくはないのですが、市の半分では中世風の衣装と店構えで、的当てや手品などの遊び場もあって、エンターテイメントも考えられた楽しいマーケットでした。このエリアで昼食にズッペ(ドイツの具沢山スープにパン一切れ)を頼んだら、結構いけました。 4年前に訪れたドレスデンのクリスマス市にも同じように中世風のマーケットがありましたが、そこは入場料を取る割に、狭くてちっとも面白くないし、食べ物口に合わなかったなぁ。


想定外に面白かったエスリンゲンのクリスマス市に後ろ髪引かれながらシュトゥットガルトに戻ると、さすがメルセデスの城下町、鉄道の駅の上におなじみのメルセデスマークが燦然と輝き、一瞬ナチスドイツ帝国をイメージしてしまいました。


近代的で整然としたお買い物通りを進むと、新宮殿前の広場に差し掛かって、ここあたりから数百メートル離れたマルクト広場まで屋台が並んでいます。日曜日の午後ということもあってか、人混みが激しくて、なかなかマルクト広場に近づけませんでした。


マルクト広場にもたくさんの屋台がひしめいていて、もう買い物しないぞと思っていたのに、他のマーケットで見かけなかったカワイイ飾りを見つけてしまうと、つい手を伸ばしてしまいました。


シュトゥットガルトからの帰りのICE、時差ぼけで眠りこけていたら、フランクフルト到着に気づくのが遅れて、慌てて跳び下りることになりました。危うくハンブルグ辺りまで持っていかれるところでした。