http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

8/1 あぷりこっとつりーこぼれ話2015年08月01日 23:58

 毎日毎日暑いですね~。
 住まい近くの公園では夜でもセミが鳴いていて、一体いつ寝るんだ?と余計な心配してしまいます。

 今日のあぷりこっとつりーは、この猛暑の中わざわざご来店のお客様へ冷たいお茶サービスで、ほんのひと時涼を楽しんで頂きました。

【福の友】
 昼過ぎに来店された男性のお客様。暑いのにマスクをして帽子を目深にかぶり、店内の商品に目もくれずに店主めがけて近づいてきます。

 おっ、なんだ?ずっと視線を外さない。なにか文句言われるのかな?
それとも店ごと売ってくれという大富豪?金額次第で売ってもイイよ。
 一瞬緊張が走ったのですが、そんな私を見て男性は笑いながら帽子とマスクを外しました。

 出てきた顔は、学生時代同じ下宿で一緒に無駄な時間をうだうだと過ごした懐かしい友人でした。この猛暑の中、奥さん連れでわざわざ訪ねてくれました。

 お互いいろいろ移り住んできたので、20年ぶりくらいの再会でしたが、外見がほとんど変わっていない。昔から老け顔だったから?(失礼)

 その友人が来店してから、それまで鈍かったお客様の来店が急に増えて、友人には繁盛していると誤解を与えてしまったかな?
 来店者が多いのはとてもありがたいのですが、20年ぶりの友人とあまりゆっくり話せなかったのでちょっと残念。

 Y君、是非また遊びに来てね。

【あれっ。酔ってる?】
 今日と同じくらい暑かった先週日曜日のことです。
 
 少し涼しくなりかけた夕方、お姉さん系の女性の二人連れが来店されました。

 歓迎する看板犬達の鳴き声につられた、二人ともワンコの元へ。
 「表の看板見て、ワンコ目当てで来ちゃいました~。」

 どうぞどうぞ。そういうお客様も多いんですよーと応えながら、冷たいお茶を出してあげました。
 すると一人のお姉さん一気飲み。どん、とお尻を床に着けて座り込んでワンコと遊び始めました。

 もう一人のお姉さんもワンコ大好きみたいなので、普段ワンコがお客様に粗相しないように設けている柵を外して遊んでいただくことにしました。

 すると興奮したワンコたち、座り込んだお姉さんの顔をなめようと集中攻撃。お姉さんたちはキャッキャ騒ぎながら、あれれ、床に寝転んじゃった!

 も、もしかして、酔ってる?
 開店して2年とひと月。酔客は初めてです。

 ま、ほかにお客様もいないし、好きにして頂きますか。。。

 ワンコたちの執拗な攻撃を、店内ゴロゴロ逃げ回りながらかわしていたお姉さん。急に真顔になって人生相談もされましたが、30分くらい遊んだら、「あ~癒された。」「よし、カラオケ行くぞ!」と気合を入れて店を後にされました。

 辛いことがあったら、またじゃれ合いに来てくださいね。
 ワンコはいつも待ってます。

絵本紹介(216) せかいでいちばんつよい国2015年08月02日 23:26

題名    : せかいでいちばんつよい国
作     : デビッド マッキー
訳     : 中川 千尋

 世界で一番強い国?そりゃ恐ろしい兵器と強い軍隊を待った国じゃない?いえいえ、そうとも言えないかもしれませんよ。

 むかし、大くて強い軍隊を持った国がありました。
 大きな国の人たちは、自分たちの暮らしが一番素敵だと信じていました。

 我々が世界中を征服して、世界中の人々を幸せにするんだ。大きな国の大統領はそう言っていろいろな国へ戦争に行きます。


 他の国の人々は命がけで戦いましたが、最後は小さな国一つを残して、みな強い国に制服されてしまいました。
 残ったのはとても小さな国でしたが、世界征服を完成させるため、大きな国の大統領と兵隊たちは戦争に出発しました。

 ところが、小さな国には兵隊がいなかったので戦争になりません。
 小さい国の人たちは、大きな国の兵隊たちをお客のように歓迎して、自分たちの家に招きました。


 やがて兵隊たちは小さな国の人たちから、地元の遊びや歌、料理を教えて貰って、小さい国の人たちの仕事を手伝うようになりました。


   怒った大統領は、すっかり小さい国になじんでしまった兵隊を、新しい兵隊と交代させて国に返しました。
 でも新しく来た兵隊たちも、しばらくするとすっかり小さい国の生活になじんでしまいました。

 小さな国は何も抵抗しないので、大統領は少しの兵隊を残して、大部分の兵隊たちと国に帰りました。そして、小さな国から帰った兵隊たちは、小さい国で覚えた遊びや歌や料理を大きな国の中で広め始めました。
 大統領自身も、口ずさむ歌はいつの間にか小さい国の歌ばかりになっていました。

 これぞ本当のおもてなしの国の力、ですね。

テレワーク2015年08月04日 23:40

 NHKのニュース(だったと思うのですが)を見ていたら、ここの所続けてテレワークなるインターネットを使った在宅勤務のケースが紹介されました。

 場所はどこでも勤務できるし、通勤時間は必要ないし、育児や介護と両立がしやすいし、働く人のモチベーションが上がるし、と良いことづくめのような報道でした。会社として採算性が上がって、地方にとっても活性化の切り札だ!くらいに持ち上げて。

 いや、もちろん私みたいなズボラで怠け者にとっては、会社に行かないで良いなんて夢のようなシステムです。東京に居なくても軽井沢の森の中の書斎で、涼しい風と鳥のさえずりに包まれながら仕事できる!そりゃあ最高です。
 ただし、自主的にちゃんと仕事できれば。。。

 ここ最近、自宅持ち帰り仕事がはかどらないことはかどらないこと。
 休日にPCに向かうとすぐ眠くなる。眠気を覚ますためにちょっとネットを覗く。もうちょっとネットを覗く。犬をからかう。お菓子をつまむ。お茶を飲む。気を取り直して仕事に向かう。また犬をからかう。他のことが気になって調べものを始める。。。 
 延々こんな感じで、思い描いていた出来高の1/10くらいしかできていない状況なのに、夕食の買い物が気になりだしてもう手が付きません。

 若いころはもうちょっと真面目に、目標の半分くらいはできていたのになぁ。
 最近は仕事を持ち帰ったことすら忘れて、重い資料は陽の目を見ないこともしばしばです。

 こんな人間が完全テレワークになったら、絶対にだらだら遊んでしまう。これ、自信があります。

 だーれも見ていなくても、締切やノルマが無くても、自分のやるべきことを予定通りしっかりこなしていける自己管理のできる人、憧れます。
 妄想の中では涼しい軽井沢の森の中の書斎で、テキパキ仕事する自分がいるのですが、妄想は妄想です。

 悲しいかな、怠け者は今日も満員電車に揺られて冷房が効きすぎたオフィスに向かうのでした。

絵本紹介(217) なみ2015年08月06日 23:08

題名   : なみ
絵     : スージー リー
発行所  : 講談社

 今回ご紹介する絵本は、韓国のイラストレーターさんのが作成した絵本です。この絵本も絵だけで言葉がひとつも出てきません。
 でも女の子と波との会話がはっきりと聞こえてくるような作品になっています。イラストの持つ言葉を越えた表現力が魅力の絵本です。


 小さな女の子がお母さんと一緒に海にやってきました。
 海は初めてなのかな?
 喜んで波打ち際に向かって走って行きます。
 波と初めて向き合う少女。。。 画面から会話が聞こえてきませんか? ほら。

 
なんか、ざーとか言って動いててキモイィ。なんかクサイし。

   
げっ。ヤダ。すぐ近くまで来た。

 
ちょっとぉ。あんたなんか全然タイプじゃないんだからね。あとついてこないでぇ!

 
なめんじゃないわよ。あんまりアタシに近づいたら、こうしてやる!どうだ!これでもか!

 
ひゃぁぁぁ。ますますワテのタイプやー。お嬢ちゃん仲良くしましょ。

 
まってぇ。逃げんといて。す、す、すっきやねん!!

 。。。。。 んなわけ無いですよね。

 是非こういう風に汚れた目で読まないで、純真な目で波と少女の出会いを見届けてやってください。

居場所が無い。。。2015年08月07日 22:22

 毎年夏の真っ盛りになると、極端な冷房嫌いが集まる我が家では、暑がりオヤジは異端で、居場所をなくします。

 今年は7月の中旬くらいから夜でも室温が30℃を下回らなくなって、危うく熱中症になりかけました。

 結果、今年も家族に迷惑をかけずに冷やせる極狭空間に籠っているのですが、1か月も続くとさすがに疲れて来ました。

 噂では明日あたりから少し涼しくなってくるとか。

 あー思いっきり手足伸ばして大の字で眠りたい。
 秋はまだかー。