http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

どうなってしまうのか。2015年07月15日 21:56

 昨年12月の総選挙でお坊ちゃま宰相を大勝ちさせてしまった時から、今日みたいな日が来るのはわかっていました。

 消費税増税に賛成か、反対か、なんていう目くらましの争点に白けて、選挙を軽んじている間に、「国民の信託を得た」と勝手な解釈で、国の基本ルールまで読み替えてやりたい放題。

 そんなことまで認めたわけじゃない!と叫んでみても、図々しい人間はどこまでも図々しい。
 真剣な問いかけをはぐらかし続けて、時間がきたからハイ次行きましょうとは、人としての誠意のかけらも見えませんね。

 どうせ優柔不断で横並び志向の国民は、喉元すぎれば問題意識も忘れて、株にグルメにオリンピックに感心が行くさと、なめられているんでしょうね。

 これだからお坊ちゃまに高すぎるおもちゃは与えない方がいいんです。

 そんなお坊ちゃまも新国立競技場については、さすがにヤバイと感じたのか、計画変更とか言い出したらしいですね。

 できるんだったら最初からやれよ!と思いますが、理由がたとえ人気取りだとしても、悪趣味な遺物を後世に残さず済むなら、とりあえずよく言った。
 
 計画変更ついでに迫りくる首都直下地震に備えて、新国立競技場のスタンド下を、すぐに仮設住宅みたいな避難所に作り替えられる工夫をしておいてくれると、お坊ちゃまの株も上がるんだけどな。積極的防災主義。

 どうして今の個別自衛権や日米同盟じゃダメなのか理由がさっぱりわからないと感じる人が大多数の様で、特に若い方々の政治への関心が高まっているようです。これは頼もしい。

 この法案も、次の参議院で審議されるうちに問題意識を持つヒトの声がどんどん強くなって、さすがのお坊ちゃまも考え直してくれたらなぁと、ちょっと期待していますが。。。はて、そう上手くいくかな?

 本当に本当に必要だという信念があるなら、これだけ「わからん!」と言っている人が多いんだから、今回は出直して、何度でもチャレンジすればいいんじゃない?そうしなさいよ。

 あーあ、またぼやいてしまった。