http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

健康への感謝2015年07月13日 23:23

 今日は大病で入院している子供の頃からの友人の見舞いに行ってきました。

 大人になってからもお互いの家族同士で交流をしていたのですが、ここしばらく友人が体調を崩して、連絡が途切れがちでした。しばらくぶりに様子を訪ねるメールを出したところ、実は現在入院しているのだと教えてくれました。

 マスク着用が必須の病棟を訪ねると、ちょうど看護師さんがベッドに横たわる彼に、薬の点滴を施している最中でした。

 数年ぶりの再会ですが、歳月も病気もあまり顔つきを変えていなかったのでひとまずほっ。でもよく見ると、顔色は決して良くない。(そりゃ、入院してるくらいですものね。)

 病気がわかってから入院に至る経緯、治療の様子などを淡々と話してくれた彼。
 その一見冷静沈着、動じぬ姿は子供の頃から変わらないけど、本当にそうなの? お互い格好悪いところも恥ずかしいところも見せあってきた間柄、不安なことや悲しいこと、怖いこと、なんでも吐き出してくれても良かったのに。泣いても良かったのに。私も負けずに泣くから。

 友人が一番苦しかった時期に、余計な浅慮で連絡をためらっていたことが今となっては悔やまれます。

 ちょっと運命を掛け違えて、見舞っているのが彼で、見舞われているのが私と、立場が逆さまでもちっとも不思議じゃない。いつの間にかそんな歳です。
 たまたま健康でいられることは、ちっとも当たり前ではなくて、とても奇跡的なことなんだと気づかされました。
 
 自分と家族や友人たちが健康で暮らしていることにもっと感謝して、日々を大切にしたいですね。