http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

あん 見て来ました。2015年06月01日 23:21

 今日は勤めは非番。
 しかも月始めの日なので、映画が割引料金の¥1,100で見られます。

 そこで、先週封切されたばかりの河瀨直美監督の「あん」を新宿武蔵野館に見に行ってきました。

 ちょっと前まで先着順だった武蔵野館ですが、いつの間にかネット予約できるようになっていました。平日ですが割引の日なので、念のため座席予約してから出かけたのですが、大正解。
 武蔵野館の一番大きなホールがほぼ満席でした。リタイヤした団塊の皆様が多かったですが、結構若い人も目立ちました。

 結論から言うと、とても好きな映画でした。(また涙をこらえるのに苦労しました。)
 たぶん世間的にもとても良い映画と評価されるんだろうと思います。

 映画のおおざっぱなあらすじですが、永瀬正敏演じる店長が一人で切り盛りする小さくて粗末などら焼き屋に、樹木希林演じる老女がアルバイトに雇って貰えないかとやってきます。80近い老女に力仕事は無理と断る店長ですが、老女は日を変えてまた訪ねてきます。再び断る店長に老女は食べてみてくれ自分の作った餡子を置いて帰ります。半信半疑で餡子を食べる店長。最初は臭いを嗅いで、ちょっとなめて、もうちょっとすくって、仕舞にむさぼるように味わい出します。その餡は今まで使ってきた業務用のあんとは比べ物にならないふくよかな味と香りがしたのです。餡を認められた老女はどら焼き屋で働き始めて、周囲に真心を込めて餡をつくる姿や誠実な生き方を身をもって伝えて信頼されて行きます。老女の餡が評判になって大繁盛し始めるどら焼きやでしたが。。。

 永瀬正敏の寡黙な演技、樹木希林の自然で軽やかで可愛らしい演技、それに中学生の女の子役の内田伽羅(と言う子らしい)の独特の間を持った演技が絡み合って、時間が静かに流れていく感じです。
 特に永瀬正敏が良かった。ちょとカラーや重みが違うかもしれないけれど、高倉健と同じようにただ立っているだけでその人の人生を匂わせてくれる芝居でした。

 セリフもごく自然で味がある言葉ばかりで引き込まれましたが、登場する役者たちの微妙な表情が台詞に無い行間を感じ取らせてくれるような映画なので、できればDVDとかでなくて、大きなスクリーンで見ることお勧めです。

 この映画は見に行って良かったです。久々に儲かった感じです。
 (今になって知りましたが原作はドリアン助川さんでした。新聞の人生相談で考え方に共感できる方だなと注目していましたが、小説でも才能発揮されていると初めて知りました。)

 実は今日は新宿武蔵野館と新宿ピカデリーを梯子してもう1本見て来ました。松竹の「駆け込み女と駆け出し男」。
 こちらの話はまた後日。

縄文の血が騒ぎました2015年06月02日 21:10

今日も勤めは非番だった私。
ちょうどUshiさんと長女も休みで、二人で潮干狩りに出かける相談をしていました。

私はアサリが大好き。日の丸も君が代も全然ピンときませんが、アサリの味噌汁を飲んだとき、心の底から日本に生まれた幸福を神様に感謝しています。

そんなですから、潮干狩りと聞いてなり振り構わずわしも族、二人にくっついて行くことにしました。

目的地は木更津。Ushiさんの下調べによると、木更津駅からほど近く、更衣室、シャワーが整った潮干狩り会場で、しかも今日は大潮で潮干狩り日和だそうです。数年前に自家用車を放棄した我が家には、公共交通機関で行ける漁場は最適です。

新宿から高速バスで1時間20分くらい。木更津駅から漁場に向かうと広い干潟が広がって、平日なのにそこそこの人が干潟に散らばって、一生懸命泥をほじくり返していました。

早速汚れても良い格好に着替えて、一人¥1,600の入漁料(2kgまでお持ちかえり付き)を払って、さあ戦闘開始。確か30年ぶりの潮干狩りです。

 一か所にとどまって行儀よく辺りを掘るUshiさんと長女を置き去りにして、私はできるだけ沖へ沖へ。大潮の日でなければ現れない(人の手があまりついていない)場所を求めて放浪です。
 しかし移動しては立ったり座ったりが、結構腰と膝につらくて、15分くらいで潮干狩りやめておけばよかったと後悔が始まりました。そこで途中から泥に膝をついた四つん這いで一か所を集中して探すスタイルに変鞍替えしました。

 アサリはちょっと掘ればたくさん出てきたのですが、大物にお目にかかれるのはたまーに。始めは大物狙いで他は全部逃がしていたのですが、いつまでたっても収穫が増えないので、途中からターゲットも変更して、酒蒸しは諦めて味噌汁サイズも含めて収穫していくことになりました。

 泥を這うことやく2時間。Ushiさんによると、私の四つん這いは鬼気迫り、そろそろ上がろうと2度ほど声をかけてくれたそうですが、まったく聞こえていませんでした。なんせ泥を掘りながら心はアサリが重要な食糧だった縄文時代にトリップしていたもので。夢想の中で私は狩りが下手なダメ縄文男。家族を飢えさせない為に、必死に貝を探し続けているのでした。
 12時半ごろ沖から潮がひたひたと戻ってきたのをシオに、ようやく我に返って潮干狩り終了となりました。
 結局獲物は3人合わせて5kg。 むむむむ。あと1kg行けたのか。

 夕食はもちろんボンゴレ。(味噌汁ではなかた。。。)
 一人真面目に勤めに出ていた次女に、「ちいさいやつはかわいそうだから逃がしてやったさぁ」と自慢したら、「どうせ次に誰かに取られるだけよ。時間の問題ね。」とバッサリやられました。

 縄文男のロマン、わかってもらえないなぁ。

駆け込み女駆け出し男 見て来ました。2015年06月03日 23:59

 一昨日の映画割引デーのことですが、表題の映画も見て来ました。
 大泉洋が主演だし、ヒットしているという噂を聞いて、ミーハー的に興味を持ちました。

 この映画封切から結構時間が経っていると思いますが、平日の昼間にしては客席の8割くらいが埋まる盛況で、ちょっと期待。

 映画の舞台は鎌倉の東慶寺という尼寺で、女からの離縁が許されなかった昔、男の理不尽に耐えかねた女たちが逃げ込んだ別名縁切り寺としても有名です。
 なんて偉そうに語っていますが、実は縁切り寺と聞いても、昔バンバンというフォークデュオの曲にそんなタイトルの歌があったなぁくらいの知識なんです。

 あらすじは徳川12代将軍の時代、東慶寺の御用宿主人の甥、見習い医師で戯作本作家を目指す男が、東慶寺に駆け込んだ女たちの事情に関わりを持って、女たちの再生を助けていく物語です。
 大泉洋は主人公の見習い医師役で、いつもの軽い人物ですが人情に厚く、見習いなのになぜか名医で、東慶寺内で起きる医療的問題を見事つぎつぎ解決していきます。しかも人間的にとてもいいやつに描かれていて、だったら大泉洋でない違う俳優でよかったんじゃない?と内心突っ込みつつ見ていました。やっぱり大泉洋を使うなら、ちょっとは毒を入れなきゃ。

 駆け込む女たちの事情は、不治の病の最後を夫には見せたくない女、外に女を作って家業を顧みない夫から逃れた女、暴力的に支配された男への恨みを仇討として晴らしたい女などです。

 全体的に深刻さは抑えた造りの映画で、娯楽映画としては楽しめたと思います。結末もハッピーエンドでしたし。
 もし東慶寺というさまざまな人間模様の交差点的な話を期待して見に行くと、ちょっと拍子抜けでがっかりかもしれません。

 面白い映画ではありましたが、たぶん記憶には残らない。
 出演俳優たちに特別の思い入れが無いのであれば、映画館でなくてもDVDやTV放送を待ってもよいかなと感じました。
 (あくまで個人的な感想です。感じ方には個人差があります。)

42015年06月04日 23:39

絵本紹介(200) はっぱのおうち2015年06月04日 23:43

題名    : はっぱのおうち
作     : 征矢 清
絵     : 林 明子
発行所  : 福音館書店

 6月に入って、沖縄から九州は梅雨に入りましたね。関東も晴天続きだった5月とはちょっと雰囲気が変わってきましたので、梅雨がもうすぐそこまで来ていそうです。
 雨はとかくうっとおしく感じてしまうものですが、ちょっとゆとりを持って振り返ると、意外と心が潤う天からの恵みかもしれません。と、言うことで雨に因んだ素敵な絵本を何冊かご紹介していきますね。今日は30年も前に発行されて、でも人気の衰えない絵本のご紹介です。


 さちという名前の小さな女の子が庭で遊んでいると、ポツリ。雨粒がぽつんとほっぺたに落ちてきました。

「ひゃーっ、つめたい!」
今度は鼻の頭にもぽつん、足にもぽつん。
 でも大丈夫。さちにはちゃんと隠れるお家があるんです。

 「ほらね、はっぱの やねは いい やねなの」

 でも、せっかくのお家にカマキリが入ってきました。
 「いや、いや。こっち こないで あっち むいてて」
 と言うと、カマキリは向こうを向いてくれました。


 すると今度はひらひらひら。モンシロチョウが入ってきました。
 それだけではありません。
 葉っぱの間からはコガネムシが出てきて、さちの頭にはテントウムシがとまりました。

 「みーんな おなじうちの ひとみたい」
 さちはなんだか楽しくなってきてしまいました。

 やがて雨が止んでお空が明るくなると、
 「ほら、 もう あめ やんだよ。ほんとの おうちへ かえろう。 みんな かえろう。 おかあさんが まってるもん。」

 林明子さんの絵は、可愛くて懐かしくて、いろいろな思い出を刺激してくれます。
 信じて貰えないかもしれませんが、オジサンにだって庭遊びが似合う年頃があったんですよ。裏庭から土手をよじ登ると東郷神社の敷地だったので、毎日の様に池に遊びに出かけていました。
 急な雨でこの絵本のように雨宿りしたのは、東郷神社の橋の下。かわいい虫たちの代わりに、ホームレスのおじさんの住処になってたっけ。つい最近新しいビル建設で取り払われてしまって残念です。