http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

ようやく1002015年03月17日 22:27

 久しぶりの石垣島に来ています。

 今回はUshiさんの仕事の都合が付かなくて、人生初の一人ダイビング旅です。

 目的は2つ。
 あと2本に迫った100本ダイビングのクリア。
 なじみのダイビングショップの高齢看板犬との再会。

 朝5時に自宅を出て、羽田ー石垣直行便で3時間20分。
 石垣南ぬ島(パイヌシマ)空港に無事到着。

   さっそく漁港でボートに乗り込んでいざポイントへ。
 今日は、99本目がタートルリーフと記念の100本目がマンタシティ。

 まだ3月ですが、今日の石垣は最高気温26℃、水温表面で25℃、深場でも24℃。ぜんぜん寒くありません。透明度もまあまあ。

 今日の1本目、ポイント名の通りいきなり出ました、コバンザメを引き連れたでっかいアオウミガメ。追っかけて泳いだら、もう一匹お昼寝中の子がいました。

「もう、うるさいわねー。」

 続いておおきなイカのコブシメ。ユビエダ珊瑚の塊にメスが何匹も散乱中。写真を撮ろうと近づくと怒って色を変えながら威嚇にやってきました。しかし不謹慎にも、あーイカ刺し喰いてぇーって、思っちゃいました。
(写真上 右がオスで左がメス  写真下 産卵中のメス。足に付いている白い塊が卵です。)

 休憩後今日の2本目で通算100本目。ボート同乗の他のお客さんたちの強いリクエストでマンタも探してマンタシティ。巨大な珊瑚の根のてっぺんで、小さな魚たちに体をクリーニングしてもらいにマンタたちが集まってくるポイントですが、その日マンタにあえるかどうかは運任せ。

 でも今日はエントリーしてすぐにマンタがあちらから近づいて来てくれました。しかも2枚!
 珊瑚の根の上を、ゆったりと何度も何度も旋回してくれました。
 マンタを見るときは、驚かせないように根の根元に貼り付いてじっとしていることがエチケット。マンタがずっと逃げなかったので、じっと動きを止めていて、すっかり寒くなってしまいました。 でも、いい100本目の思い出ができました。


 石垣行きの2つめの目的。老齢看板犬との再会は。。。
 悲しいことにかないませんでした。
 18歳だったその子は、3週間ほど前の暖かい日、飼い主さんご夫婦に看取られて、静かに天国に旅立ったのだそうです。
 Ushiさんと私がこのショップにお世話になり始めてしばらくは、毎回一緒にボートで沖に出ていたのに。
 命に永遠は無いとわかっていますが、やっぱり寂しいなぁ。
100本の喜びも、色あせてしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2015/03/17/7592634/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。