http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(178) しっぽがぴん2015年03月15日 22:55

題名   : しっぽがぴん
作    : おくはら ゆめ
発行所 : 風濤社

 今日はめずらしく幼児向け(と思われる)絵本のご紹介です。小さいお子さんは単純なことばの繰り返しが大好き。だからこの絵本も動物の尻尾に注目して、ぴんと立っているか、だらりと寝ているか、それだけです。でも、不思議とその単純さがイイんです。

 キツネが画面いっぱいに登場しました。
 ダイナミックな輪郭ときれいな山吹イエローの体に黒いソックス。目はブルー。 で、ちょっと得意顔で、「しっぽがぴん」。
 続いておんなじキツネが目を伏せて、「しっぽがたらり」。
 「ぴんもたらりもできるのよ。 ほら、ぴん。 たらり。」
 なんだか楽しそう。

 次に猫の親子の登場です。
 親子3匹そろって、「しっぽが ぴん」
 リラックスして、「しっぽが たらり」
 「ぴんも たらりも できるのよ。 それ、ぴん。 たらり。」

 おっと、今度はカメの親子。
 きりっとした表情で、「しっぽが ぴん」。
 ちょっと恥ずかしそうに、こそこそと、「しっぽが たらり」。

   キツネも猫もカメも出てきて、ぴんも たらりも ぴんも たらりも。


 結局...「ぴんも たらりも あっぱれよ」


 シンプルだけど、とてもリズムがある絵本です。
 そしてユニークです。
 そもそもなんで尻尾に注目したのでしょう?確かに気が付けば周りに尻尾はあふれているけど。。。
 おくはらさんの絵は説得力があって、繰り返しのリズムと一緒になって、きっと小さなお子さんの心を射抜いちゃうことでしょうね。ぼくも、わたしも、尻尾つけてぇ~と大変かも。