http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(174) ロバのジョジョとおひめさま2015年03月01日 23:00

題名    : ロバのジョジョとおひめさま
文     : マイケル モーバーゴ
絵     : ヘレン スティーヴンス
訳     : 小比賀 優子

 今回ご紹介する絵本は、今年1月に発行されたばかりの新しい絵本です。作者がイタリアのベネチアの街が気に入って、ロバ好きの奥さんの為にベネチアを舞台にしたロバのお話しを創作しました。


 ロバはよく、まぬけとか不格好とか言われてバカにされるので、ジョジョは自分がロバなのがとても嫌でした。
 ジョジョは毎日朝早くに背中にやまほどのメロンを乗せられて、メロン売りのおじさんに引かれてでこぼこの田舎道をベネチアの街を目指して歩きます。


 ある朝、いつもは裏道でメロンを売っているおじさんは、街で一番賑やかなサンマルコ広場でメロンを売ることにしました。その方が『たくさんのメロンが売れるに違いないと考えたのです。

 広場についてメロンを下ろすと、オジサンはジョジョに思い切り鳴いて人を集めるように命じました。
 ジョジョは「メロンはいかがー、オイーン!」と鳴きましたが、広場の人たちはジョジョの声を聞いてげらげらわらうばかりでちっとも買ってくれません。だって、ジョジョがいた場所のすぐ上には、4頭の黄金の馬の彫刻があって、その馬たちに比べてジョジョはあまりにもみすぼらしく、薄汚れていたからです。
 ジョジョはすっかり恥ずかしくなってしまいました。

 広場にはたくさんの人がいるのに、メロンは1個も売れません。
 ところが、お昼の鐘がなると、広場に面したおおきなお屋敷から、ひとりの女の子が広場に駆けだしてきました。街の総督のお姫様です。
 お姫様はジョジョたちの元にやってくると、メロンを一つ買って、ジョジョを優しくなでてくれました。

 ジョジョは生まれて初めて人になでて貰ったもので、膝が震えて立っているのがやっとでした。

 それからも毎日、お昼になるとお姫様がやってきて、ジョジョに声をかけて優しくなでてくれました。

 ある日街の総督は広場に人を集めると、おふれをだしました。
 「娘の誕生日に馬を1頭贈りたいので、皆自慢の馬を連れてまいれ。その中から一番ふさわしい馬を選ぼう。」
 広場にはあっという間に素晴らしい馬たちが集められました。
 総督はお姫様に自分で好きな馬を選ぶように促しますが、お姫様が選んだのはなんとロバのジョジョでした。

 でも総督はお姫様がみすぼらしいジョジョを飼うことを許してくれません。そこでお姫様は夜中にこっそりとジョジョと広場で落ち合いました。
 ところがその夜は雨と風がひどくて、海に近いベネチアの街には海の水が押し寄せてきていました。高潮にいち早く気づいたお姫様とジョジョの二人は街の人たちを救おうと力を合わせて奮闘します。

 さあ、どうなる二人。どうなるベネチアの街。

 ロバの目、カワイイですよね~。でも性格は意外と強情ですよ。
 子供の頃、中東の砂漠のキャンプで野生(?)のロバを手名付けようと頑張ったことがあります。子供なら警戒しないだろうと、ロバの好きそうな食べ物を持って、そおっと近づくのですが、一定の距離以内にはどうしても近づかせてくれませんでした。今でも広ーい庭のある家に住めるなら、ロバか馬を飼ってみたいなぁ。