http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(166) マララさんこんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ2015年02月01日 23:00

題名    : マララさんこんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ
文     : ローズマリー マカーニー
写真    : 国際NGOプラン
訳     : 西田 佳子
発行所  : 西村書店

 今回のご紹介は写真絵本なのですが、一昨年の国連総会での演説や、昨年のノーベル平和賞受賞で、今とても注目されている少女、マララ・ユスフザイさんへの世界の子供たちからのメッセージを集めた絵本です。

 マララ・ユスフザイさんは「女の子が教育を受ける権利」をインターネット通して訴えて、そのことが原因で15歳の時イスラム過激派タリバンの一員に頭部を撃たれてしまいます。しかし一命を取りとめ、その後も暴力にひるむことなく、さらに勇気と信念を持って世界中の子供たちが教育を受けられるようにという活動を続けています。

 マララさんの存在とその活動を知った世界各国の子供たちが、マララさんに向けてメッセージを送りました。

 あなたに会ったことはないけど、なんだか親しみを感じるわ。


 あなたのことをはじめてきいたとき、すごくショックだったわ。学校に通っているっていうだけで、銃で撃たれるなんて!


  女の子が教育を受けようとするだけで、どうしてそんなひどい目にあわなきゃいけないの? みんなそう思ってる。


 銃弾だけじゃない、いろんな苦しみのなかで、女の子たちは声もあげられずにくらしてる。そんな国がたくさんある。
 まだ子供なのに結婚させられたり、貧しい生活を送っていたり、差別されたり、暴力をふるわれたり。

 声をあげられない理由はいろいろ。

 マララ、あなたはわたしたちに大切なことを教えてくれました。あなたには学校に通う権利がある。同じように、わたしにも、すべての子供たちにも、学校に通う権利があるということを。

 おびえて暮らすのではなく、世の中を変えるために、大きな声をあげなくちゃ。
 世界中の女の子が、マララを応援しているからね。


 日本中の、いや世界中の多くの人たちの願いもむなしく、ジャーナリストの後藤健二さんがイスラム国と見られる集団に拉致されて殺されてしまいました。
 民間人を拉致し、殺害の予告や実行をインターネットで公開して自分たちの力を誇示する手法は、批判の言葉が見つからないほど卑怯で非道な行いだと強い怒りを覚えます。
 イスラム国に参加している人たちの中にも、人間の心を無くさず、こんな愚かな行いに心を痛めている人がいて欲しい。 あの残酷な殺害場面に度々登場する、イギリスなまりの英語を使う黒覆面の男も、「こんなことをするつもりでイスラム国に参加したわけじゃない」と後悔していて欲しい。

 世界中の子供たちが等しく教育を受けるチャンスに恵まれて、無知から解放されて、狂気のテロ集団の甘い誘いの言葉の嘘が見抜けるようになりますように。

朗読会のお知らせ2015年02月02日 22:22

 今日も東京地方、冷たい風が強くて寒い一日でした。

 日が暮れてから自転車でとばす職場からの帰り道は、風の冷たさになかなか目が開けず、手袋をしていても手がかじかんで、思わず「さっみぃー!!」と叫びたくなりました。(実は人がいないところでは小さく叫んでました。。。)

 さて、こんな寒さを吹き飛ばす!かどうかわかりませんが、イベントのお知らせです。

 来る2月22日(日)(一説にはにゃんにゃんにゃんで猫の日だそうですが)、あぷりこっとつりーでは朗読家でパステル画のイラストレーターで、物語作家でもあるあべちえみさん http://bebe8080.exblog.jp/ にお願いして、朗読会を開くことになりました。

 日曜の午後のひと時、あったかーいワンコを膝の上に乗せて(ワンコはオプションの一例です)、好きなお茶を飲みながら、朗読家が演じてくれる名作の紙芝居と、魂の詩の朗読に時間を忘れてみませんか。
 とってもかわいくておしゃれな原画がいっぱいの「るーデザイン」さんイラスト展も同時開催中です。

 詳しくは

【日時】 2015年2月22日(日曜日) 14:00~15:00
【場所】 絵本と雑貨の店 あぷりこっとつりー
     東京都渋谷区神宮前3-21-7 
     JR原宿駅、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩8分
     地図はGoogle Mapで「あぷりこっとつりー」で検索
【演者】 あべちえみ さん
     (店主が聞いた勝手にプロフィール : 本職は本も出している物語作家さん。BeBeの名前でRadio365に連続小説も提供中です。本職の他に創作の幅を広げようと朗読活動をしたり、ボランティアでひきこもり支援をしている可愛らしくて活動的な女性です。(ほら、会ってみたくなったでしょ?))
      参照 : あべちえみ活動日誌 http://bebe8080.exblog.jp/
【プログラム】
第一部 紙芝居  「てぶくろをかいに」 (新美南吉 作)
            「セロひきのゴーシュ」 (宮沢賢治 作)
第二部 朗読   「中原中也詩集」
            (「汚れちまった悲しみに...」他)
【対象】 興味がある方ならどなたでも
【定員】 10名くらい。(座席、お茶等準備の都合で、事前に予約連絡いただけると助かります。 当日飛び入り参加も歓迎です。)
【料金】 おひとり様¥500 (飲み物とお茶菓子付き。ワンコと記念撮影し放題。)
【ご予約・お問い合わせ先】
TEL(土日の11:00-18:00)・FAX 03-6434-9215
Mail : apricot-tree@asahinet.jp
または、このブログ記事のコメントに投稿していただいても結構です。(ご連絡のコメントは公開致しません。)

 皆様お誘いあわせの上、是非ご参加下さい。

今夜のチャレンジ2015年02月03日 23:57

 今夜もまたまたUshiさんの帰宅が遅くなる日。
 だんだん楽しみな日になりつつあります。

 昨晩はごくごく初心者料理にしたので、今晩は冒険心を持って今まで我が家の食卓に上ったことの無い変わり種を!と朝から計画でワクワクでした。

 何にチャレンジしたかというと、ナスと鶏唐揚げの煮びたし。
 (普通でがっかりさせて済みません。でもオジサンにはハードル高いんです。)
 よく昼ご飯を食べに行くごはん屋さんのメニューにあって、気に入っていて時々頼んで食べています。

 だいたい我が家の与党(女性)の皆さん、揚げ物嫌いで、揚げ物が夕食に出て来るのは3か月に1回あるかないか。
 私としては、とんかつ食べたい!コロッケ食べたい!天ぷら食べたい!唐揚げたべたい!なのですが、弱小野党はそういう欲望は昼ごはんにこそっと外食で満たすしかない苦境です。

 だから、今晩こそチャンス。
 文句あるかと揚げ物を食卓に送り込める。
 娘たちにLINEで「今晩夕食つくるからねー」と送って今日のシェフの座を確保して、チャレンジしましたナスと鶏唐揚げの煮びたし。

 いつも食べてるけど、実際どうやって作るのかちゃんとわかっていないのでクックパッドを見てみると、ふんふんなるほど、ナスも素揚げするのかぁ。唐揚げは作ったことがあるからわかるとして、出汁は。。。レシピには麺つゆでいいとなっているけど、今は我が家に無い。醤油とみりんと調味料で天つゆ作ればいいな。

 問題は時間。
 お蔭さまでここの所の夕食当番でだいぶ段取り良くなって、Ushiさんが帰宅するまでの1時間でご飯やみそ汁作りつつ、ナス揚げて、鶏唐揚げして、出汁でからめて、憧れのナスと鶏唐揚げの煮びたし、できました!(主婦の皆さんには、当たり前ですよね。)

 でもせっかく作ったのに、娘たちには「唐揚げは出汁に付けないでそのまま食べたい」と拒否られてしまいました。
 初めて食べたというUshiさんからは、「ほーなるほど。こういう料理があるのね。おいしい。」とお褒めを頂けました。

 ああ、今日も楽しく夕食つくれました。幸せです。
 (でも、今日は節分だったんですね。。。 すっかり忘れてた。)

2.7兆円って、いくら?2015年02月04日 22:14

 今日、何気なく聞いていた若い同僚同志の会話で、「先月の電気代、去年の同じ時期の半分に抑えられた」という言葉が飛び込んできました。

 その同僚がとても忙しくて、土日も仕事に出ていることを知っていたので、「やっぱ、家に居る時間が短くなったから?」ときいたら、「いいえ。暖房一切使ってないんです。」
 
 えっ!こんなに寒い今年なのに。
 「どうやって暖とってるの?ガスコンロとか?」
 「特に何も。お酒飲んで、布団4枚かぶって寝てます。」

 実は今の勤め先、しばらく前からかなり業績が悪くて、去年暮れからとうとう私たちの月給も一時的(と、会社は言ってますが、どうだか。。。)にダウンを飲まされています。
 給料のダウンは、一人暮らしで奨学金の返済をしている同僚にとってはかなりの痛手で、結果、暖房不使用ということになったようです。

 我が家の場合、減収の一方でたまたま別口から収入もできて、トータルでとんとんだったので厳しさをまともに受けずに済んでいましたが、若い同僚はそんなに大変だったんだ。。。 それでも住まいがあって、仕事があるだけ恵まれているのかなぁ。

 と、思っていたら、夜のニュースではトヨタの営業利益が前年比13%増しの2.7兆円だそうで。
 まったく黒田バズーガの援護射撃でイケイケどんどんですからね。トヨタの幹部の皆さん、何億円もらうのかしら?とひがみたくもなります。
増収の要因は円安ばかりではなくて、合理化も含まれているそうですが、お家芸の下請け絞りでなければいいけどなぁと、穿って考えてしまいます。
 
 こんな時こそ大盤振る舞いして、下請け助けなさいよ!トヨタの旦那。

 それにしても、我が家の与党の皆さん。いつもは財布の紐が固いのに、この時期すっかりタガが外れて、デパートで買い集めてきたり、わざわざ通販で取り寄せたチョコチョコチョコの数々。3人分しめてウン万円が費やされている模様です。
 今やバレンタインは女性たちの女性たちによる女性たちの為の「自分へのご褒美」月間とすっかり意味合いが変わったんですね。
 まあ、我が家の場合、高級チョコのトリクルダウンの恩恵をしっかり受けているので大きい声ではいえませんが、
 アンタラ、エエカゲンニセイヨ!

絵本紹介(167) トムテと赤いマフラー2015年02月05日 23:59

題名     : トムテと赤いマフラー
文      : レーナ・アッロ
絵      : カタリーナ・クルースヴァル
訳      : 菱木晃子
発行所   : 光村教育出版

 今回のご紹介は北欧スウェーデンで2013年に発行された新しい絵本の日本語訳版です。なくしたマフラーが冬の森を旅する妖精トムテの役に立つ。私たちがスウェーデンという国にもつイメージにぴったりの、素敵なおとぎ話です。

 小さい頃、マフラーをなくしたことがありました。
 車のまどをあけて、風になびかせていたら、ちょっと手を緩めた瞬間に、とんでいってしまったのです。


 マフラーがどうなったのか、ずっと気になっていましたが、わたしがマフラーがどうなったのか知ったのは、時が流れてずいぶん後になってからでした。

 ある夜のこと、あたりはとても静かで、眠りに落ちていくときに、それは聞こえてきました。なくしてしまったマフラーの話です。

 秋が深まった森の中を、一人のトムテが歩いていました。

 トムテは渡り鳥のように旅をしますが、鳥とは逆に、秋になると北に向かって歩くのです。

   森のはずれまで来ると、トムテは立ち止まり、耳をそばだてました。
 湖の方から、トムテにしかわからないかすかな声が、助けを呼んでいます。

 湖は薄い氷で覆われていました。
 トムテがかすかな声をききながら湖に向かって二三歩あるくと、なにかを踏んづけました。
 しわくちゃな赤い布でした。
 トムテはそれを拾い上げて、ヨットの帆の様に広げると、氷の上に足を拡げて立ちました。すると赤い布に風がいっぱいに入って、トムテは氷の上を勢いよく滑って行きました。


 湖の上をしばらく滑ると、トムテは氷に足を取られて飛べなくなっている鳥を見つけました。そして食事に使っているスプーンでとりの足元の氷を少しずつ掻きとって、とうとう鳥を自由にしてあげました。


 疲れ切っていた鳥と一緒に赤い布にくるまって、トムテは湖の上で一晩を過ごしました。


 その後もマフラーはある時はヨットの帆の様に、ある時は寝袋の様に、トムテの旅を支えます。  そしてクリスマスが近づいたある日、マフラーをなくした女の子の街に、トムテはたどり着いたのです。

 ウクライナ民話に有名なてぶくろのお話しがあります。森で狩人が落とした片方の手袋に、最初にネズミが入って暖をとっていたら、リスがやってきて、ウサギがやってきて、キツネがやってきて。。。と、森の生きものみんなが仲良く寒さをしのぐお話。
 てぶくろとはちょっと違いますが、やっぱり人の落し物がもりの妖精や生きものに上手に使われて、第二の人生?を役立って過ごす。なんかいいおとぎ話ですよね。しかもスウェーデンには普通にトムテが暮らしていて、ときどき人の住まいの近くまでやってきて、静かな夜に物語を語ってくれる。。。 うーん、やっぱり憧れる国ですね。一度は訪ねたいなー。