http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

Good idea!2015年01月09日 23:48

 今日は2015年初のカナダ人イアンさんに英語で雑談に付き合ってもらう日でした。

 寒い夜道を自転車で我が家までやってきてくれたイアンさん。防寒ジャケットを脱ぐのもそこそこ、「あけましておめでとう」もそこそこに、
「この前モモンガの話したよね?」

 そう。
 昨年暮れの最後の雑談の日、我が家に用意しておいた2015年のカレンダーに映ったエゾモモンガが気に入ったイアンさんと、エゾモモンガがどんなところに棲んでして、どれくらいの大きさで、空を飛んで、餌はたぶん木の実や昆虫で、天敵はフクロウとかワシタカで。。。と話が盛り上がったことがありました。

 そのことを言うと、「実は今日、学校(イアンさんが英語を教えに行っている私立の中学高校一貫女子高)の庭を歩いていて気が付いたんだ。校庭って、結構広くて、森なんだよ。」「この森にモモンガ連れて来て離したらどうかなぁって思って!」
 とてもうれしそうに話し始めました。

 ほんとに白いことを考え付くひとです。
 学校の庭にモモンガが住んでいたら、どれだけ楽しいか。
 だけど我々、そんなこと始めっからあるわけないと思っているから、考え付きもしない。
 発想が、とてもユニーク。

 とてもイイネ!と賛同しながら、モモンガは住まいにする木の種類とか、木と木の間隔とか、カラスや猫やハクビシンに襲われないとか、難しい条件がいろいろありそうだけど、リスくらいなら何とかなるんじゃない?と考えていました。
 校庭にリスがちょろちょろ出て来る女子高なんて、なんか絵になるじゃないですか。

 最近は不審者の問題で、なかなか学校を地域にオープンにできないけど、学校に緑がたくさんあって、小鳥が集まって、リスとかムササビとか小動物も住んでて、カリンがいっぱいなってて、近くの住民たちの憩いの場になったら、とても素敵ですよね。そこに通う学生たちだってきっと通学が楽しみになるし、優しい子に育ちそう。
 
 イアンさん。そんな憩いの学校を You つくっちゃいなよ。

1/10 あぷりこっとつりーこぼれ話。2015年01月10日 23:41

 今朝はよく晴れて明るい朝でしたが、冷え込みは思ったほどではなかった東京地方です。

 店への出勤前に、看板犬たちを連れていつもの公園に散歩にでかけると、もうカワセミがやってきていました。
 魚をとったり、コバルト色の羽根を煌めかせる瞬間の写真がとれないかと、犬そっちのけで息を凝らして待っていたら、危うく開店時間に送れるところでした。

 「野生の瞬間」はまた今度狙うことにします。

 さて昨年末、全国の絵本屋さんが投票して決める、「絵本屋さん大賞」に、6歳の男の子、安里有生君の詩がもとになって作られて「平和ってすてきだね」http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/08/03/7405437 が選ばれました。

 では、昨年あぷりこっとつりーで一番売れた絵本、あぷりこっとつりー大賞はというと、さいとうゆきさん作「とある夜の花屋」と「夜手紙郵便」という絵本が、パラパラ絵本の「むいくいさま」を引き離して1位、2位フィニッシュでした。

 なにその絵本、知らない!とググろうと思った方、無理です、ヒットしません。
 さいとうゆきさんという20代女性イラストレーターさんが、手作りしている豆絵本で、ごく限られた場所でしか販売していないんです。


 この豆絵本、本が作られるときの切り落とされる端(食パンでサンドウィッチを作るときのミミみたいな存在)を利用して、ひとつひとつ手作りで製本されています。

 だから、作るのに大変手間がかかって、幻の商品なのですが、さいとうゆきさんが納品してくれたそばから、飛ぶように売れていきます。

   ちいさなちいさな本なのに、細部まできっちり仕上がっていて、装丁もとてもおしゃれです。それだけでもすごいのに、なかにちゃんと物語が描かれている。日々老眼に悩まされているおじさんにとっては、もはや奇跡の結晶としか言えない緻密さです。


 さいとうゆきさんの個性的な作品のおかげで、たくさんのお客様のなかでは、あぷ<りこっとつりーは絵本屋ではなくて、豆本屋として記憶にとどまっているかもしれませんね。

絵本紹介(160) かがみのなか2015年01月11日 17:55

題名    : かがみのなか
作     : 恩田 陸
絵     : 樋口 佳絵
編     : 東 雅夫
発行所  : 岩崎書店

 今日は、夏に一時期連続してご紹介した怪談絵本シリーズのあたらしい一冊です。

 かがみ。
 家の中にもある。
 お店の中にも、街角にもいっぱい。

 おもいがけないところにもある。
 例えば、よく磨かれた金属食器の上にも。


 見ない日は無いかがみ。

 右手を出せば、左手を出す。
 左手を出せば、右手を出す。
 いつもあべこべ。


 だけど
 ときどき間違える。
 ときどきうそをつく。


 もし鏡の中にだれかを見つけたら、
 その誰かも、きっとあなたを見つけている。


    いやぁ~、樋口佳絵さんが描く鏡の裏の世界、なかなか怖いんです。
 怖いもの見たいかたは、そぉーっと覗いてみて下さい。

 しかし、かがみって、なんか不気味ですよね。やっぱり。
 いつでもこちらと対照になっててくれたら良いんだけど、間違っているところ見つけたらどうしようと思って、あんまり細かいところまで見ないようにしています。
 そうか。やっぱりかがみも時々間違ったり、ときどきウソをついたりするのか。今まで気づかないで良かったぁ。

サンバ、見てきました。2015年01月12日 23:54

成人の日の今日、あぷりこっとつりーはお休み。
前から気になっていたフランス映画の「サンバ」を見に行って来ました。

「サンバ」と同じ監督、主演の「最強のふたり」がスピード感があって軽妙で、爽やかだったので、その路線を期待したのですが、残念ながら全然違いました。

映画のストリーは、パリで10年暮らしたアフリカ移民の主人公サンバは、レストランの皿洗いで真面目に働いて、ようやく料理人への昇格を推薦されます。ところがその直後、突然滞在許可を取り消され、移民局に逮捕されて、裁判で国外退去を言い渡されてしまいます。
 なんとかパリに居残りたいサンバは、当局の目から隠れて、ある時は偽造の滞在許可証で仕事を得て暮らしを続け、そのサンバを移民仲間や、移民局で知り合った元燃え尽き症候群の恋人が優しくささえます。
 そんな感じの映画なので、前作の主人公が型破りで熱い男だったのと対照的に、悲しみを内に秘め、どうしようもない現実の中でも希望を求めようと静かに戦う主人公の姿を描いているので、全編どちらかと言うと主人公の心理描写に重きが置かれて、自然と重く暗い雰囲気が漂ってしまう映画でした。
 
 でも、主演俳優の大きな目は、悲しみや希望の光をよく映し出して、私としてはこの映画も好きです。

 パリに旅行で行かれた方は気づいたと思いますが、パリでは実に多くのアフリカ系移民やトルコ系移民の人たちを見かけました。
 その多くの人たちは不法滞在で摘発されて、強制退去になることにおびえながらも、たくましくパリで仕事を見つけて、故郷の家族を養っているのでしょうね。

 先日起きたフランスの新聞社とユダヤ系スーパーマーケット襲撃事件。容疑者とされる人たちの顔を見ると、アラブ系やアフリカ系で、移民か移民の子孫を想像させます。
 どんな理由があるにせよ、普通に生活をしていた人たちの命を問答無用に奪ったテロは断じて許せませんが、貧しさや機会に恵まれない境遇が、テロ集団に付け入られてしまう心のすさみやすきを作っていたのではないかと考えてしまいます。

 日本でも将来の労働力不足解消に切り札として、移民に労働市場を開放しようという声があるようです。よくよくリスクを考えて、覚悟をもって行わないと、安全安心はあっという間に崩壊してしまう心配がありますよね。

そうかなぁ?2015年01月14日 22:44

 正月に罹ったインフルエンザの余波なのか、今一つ本調子ではなくて、やたらに眠気に襲われる日が続いています。

 昨日も夜9時前からTVをみながらウトウトしてしまったので、思い切って10時には犬と一緒に床に就きました。途中犬が布団から出て行ったことも知らぬまま、明け方早起きの娘の目覚ましに起こされるまでぐっすり寝たというのに、今日もやっぱりダルさが取れません。
 やっぱりインフルエンザは罹るべきものじゃなかったですね。こんなに痛めつけられるんですね。大いに反省するも、後悔先に立たずです。

 さて、どうでもいい方にはどうでもいい話題で恐縮ですが、、、今年のNHK大河ドラマ(日曜夜に放送している歴史物)の出足がえらく不調らしいですね。

 今回の主人公が吉田松陰の妹という、これまで映画にも、ドラマにも、たぶん小説にも取り上げられなかった、失礼ながらマイナーな人で、舞台が幕末の長州ということも興味をそそられない一因でしょうね。
 そもそも吉田松陰も名前は知っていても、あまりに早世でなかなか歴史物の前面では扱われてこなかったし。

 確かにNHKの大河ドラマといったら、期待するのは戦国武将のカッコイイ生き方とか、派手な合戦シーンとかがお約束みたいなっているので、今回はとても地味ーな出だしです。

 そうかなぁ? でも、私はこのドラマ好きだなぁ。

 歳を取ったせいか、毎度毎度信長や秀吉や家康が出てきて、かっこよく敵を打ち破っていく話は、なんかマユツバだし食傷気味。
 だいたい戦国武将なんて、よく考えれば情け容赦ない殺戮集団の親玉な訳で、ドラマや小説に描かれたような義も情もあったかどうか疑わしいものです。あまりに美化されて、必ずイケメン俳優ばかりが演じるので、おいおいまたかよと突っ込みたくなってしまいます。

 その点、先週まで2回見たところでは、無名のヒロインは知らない分だけ気楽に楽しめそうです。井上真央は若いけど上手いし。萩という本州の端の片田舎で、新しい時代を作りたいと集う若者たちの群像は、幕末青春グラフィティーみたいで新鮮で明るくて、結構今後の展開が楽しみです。

 と、どうでも話題をうだうだ書いてしまって済みません。
 やっぱり体調が悪いとろくなこと考えつきませんねー。