http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(160) かがみのなか2015年01月11日 17:55

題名    : かがみのなか
作     : 恩田 陸
絵     : 樋口 佳絵
編     : 東 雅夫
発行所  : 岩崎書店

 今日は、夏に一時期連続してご紹介した怪談絵本シリーズのあたらしい一冊です。

 かがみ。
 家の中にもある。
 お店の中にも、街角にもいっぱい。

 おもいがけないところにもある。
 例えば、よく磨かれた金属食器の上にも。


 見ない日は無いかがみ。

 右手を出せば、左手を出す。
 左手を出せば、右手を出す。
 いつもあべこべ。


 だけど
 ときどき間違える。
 ときどきうそをつく。


 もし鏡の中にだれかを見つけたら、
 その誰かも、きっとあなたを見つけている。


    いやぁ~、樋口佳絵さんが描く鏡の裏の世界、なかなか怖いんです。
 怖いもの見たいかたは、そぉーっと覗いてみて下さい。

 しかし、かがみって、なんか不気味ですよね。やっぱり。
 いつでもこちらと対照になっててくれたら良いんだけど、間違っているところ見つけたらどうしようと思って、あんまり細かいところまで見ないようにしています。
 そうか。やっぱりかがみも時々間違ったり、ときどきウソをついたりするのか。今まで気づかないで良かったぁ。