http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(158) 108ぴきめのひつじ2015年01月01日 23:27

題名   : 108ぴきめのひつじ
作    : いまいあやの
発行所 : 文渓堂

   新年あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。

 2015年最初の絵本紹介は、干支に因んでひつじのお話しから。


 メイはねむれませんでした。

 ミルクを飲んでも、本を読んでも。どんなことをしてもちっとも眠くなりません。
 いままでこんなことはありませんでした。

 そこでメイは思いつきました。
 「そうだ、ひつじを数えてみよう。10匹も数えたらすぐにねむくなっちゃうわ」

 ところが、10匹数えても、20匹数えてもぜんぜん眠くなりません。
 気が付けば、既に100匹を越えるひつじが、メイのベッドを飛び
越えていきました。。。

   「ひつじが106ぴき、ひつじが107ひき、ひつじが。。。」
 ゴツン!!

 えっ?! ゴツン?
 大きな音にメイはびっくり。
 108匹目はどうしたのでしょう?

 ベッドの後ろをのぞくと、床で108匹目のひつじが、おでこにたんこぶをつくってのびていました。

 「ぼく、とびこせないよ」 ひつじはべそをかきました。
 「みんなみたいにれんしゅうしているのに、ぼくだけうまくジャンプができないんだ。」

 それからメイと、108匹目のおかげで出番が回ってこない109番目から後のひつじたちも手伝って、108番目のひつじの特訓が始まりました。  でも、どれもうまくいきません。


 「こうなったら、こうするしかないわ」
 メイはのこぎりでベッドに穴をあけはじめました。
 えーっ!そんなことして、大丈夫なの?眠れるの?


 しかし、昔から眠れない時の定番はひつじ数え。なんでひつじなんでしょうね?
  自慢ではないですが寝つきが悪い方で、何をしても眠れない時は諦めて夜中から起き出したりしてます。(昼の会議中なら、いくらでも眠れるんですけどねぇ。。。)
  どんな夜でも確実に眠りに落ちれる方法、あったら是非教えて下さい。

 それでは皆様、良い初夢を!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2015/01/01/7526195/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。