http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(146) ゆき2014年11月20日 23:58

題名   : ゆき
作     : ユリ シュルヴィッツ
訳     : さくま ゆみこ
発行所  : あすなろ書房

 寒くなってきましたねぇ。東京ではお正月を過ぎないと出会えませんが、北海道、東北、上信越あたりでは、そろそろ雪の季節ですね。そんな季節に合わせて、今日は冷たくて暖かい雪の日のお話しの紹介になります。絵の色合いがとても優しい絵本です。

 そらははいいいろ。
 やねもはいいいろ。
 まちじゅう どんより はいいろです。

 そこへはいいろの そらから
   ひとひらの ゆきが まいおりてきました

 男の子がうれしそうに「ゆきがふっているよ」と言います。
 くろひげのおじいさんは「これっぽっちじゃ ふっているとは いえんな」


 でも灰色のそらからは、ひとひら もうひとひら。
 「ゆきが ふっているよ」もういちど男の子はいいました。
 それをきいたひょろなが帽子のおじさんは「どうってことないな」

 空から舞い降りて来る雪が増えています。
 男の子はやっぱり「ゆきが ふっているよ」
 「すぐに とけるわよ」 おしゃれ傘のおばさんがいいました。


 大人たちはみんな、雪が降っていると認めてくれません。
 ラジオの天気予報でも、雪は降らないと言っています。
 男の子だけが、空から落ちて来る雪が増えて来た街を、楽しそうに歩きます。

 大人たちや天気予報を無視するように、ゆきはあとからあとから降ってきて、とうとう街を白一色に変えてしまいます。
 そして大人たちが家に逃げ込んで誰もいなくなった広場で、男の子は妖精たちと楽しそうにダンスを踊りました。


 大人たちは、できるだけ雪のことは忘れたいみたいですね。けれど男の子は、一面を白い世界に変えてくれる雪にわくわくしてしまいます。
子供はほんと雪が好きですよねぇ。
 ところでみなさん、雪、好きですか? 私はいい歳して、雪、結構好きです。
 東京の晴れて乾いた冬はとても過ごしやすいですが、北国のつめたく白くて静かな冬は、ロマンチックで素敵なんですよ。  駐車場の雪かきはしんどいけどね。

コメント

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年11月21日 23:52

今年の2月の記録的な大雪、軽井沢は一日で99センチ降り積り、駐車場の雪かきに7時間も掛かっちゃった。周り中雪だらけで捨てる所も無く、かいた雪の移動も大変だったっけ。
雪が降り過ぎて何とスキー場までクローズ。雪が多過ぎてスキー場がクローズって、オジサンの50年近いスキー歴で初めて聞いた。
実はオジサンも雪大好きなんだけど、今シーズンは適度に降ってほしいもんだす。

_ apricot-tree ― 2014年11月22日 07:00

軽井沢のオジサンさま
駐車場や玄関前の雪かき、うんざりだよね。
今年もまたアメリカ東海岸は大雪らしいから、日本も前半は雪が多いかも。
こうなったら余分な雪雲、雨雲をからめとって、海の上まで運んで、ギュッとしぼっちゃうマシーン、開発しちゃおうか。

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年11月22日 23:44

ご店主のサイクロン掃除機で出来ないの?(*^^)v

_ apricot-tree ― 2014年11月23日 07:29

軽井沢のオジサンさま
Good idea!
サイクロンなら集めながら絞れそうだね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/11/20/7498429/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。