http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

追悼ミルちゃん2014年11月10日 23:55

 つい昨日天国に旅立ち、いま、星になろうとしているミルちゃんの飼い主さんに。

題名  : いぬはてんごくで...
作    : シンシア・ライラント
訳    : 中村妙子
出版社 : 偕成社

 犬は走るのが大好きだということを神様はよく知っています。そしてひろいひろい野原を犬に与えてくれます。
 だから天国に行くとき、犬には翼はいりません。天国に着くと野原を、湖の周りを走り回ります。


 天国ではどこにでもドッグ・ビスケットがどっさり。天使は犬と出会うといつでもビスケットをあげます。


 犬はふかふかの雲のベッドで神様に見守られながらぐっすり眠ります。だから誰も怖い夢を見ません。

 天国の犬は時々天使に連れられて地上におりて、昔の飼い主、昔の住まいを訪ねます。そして何も変わりがないと安心して天国に戻っていきます。

 天国の犬は、好きなだけ天国にいられます。懐かしい友達が天国に来るとき、犬は友達を天国の入り口まで迎えに行きます。そして大好きな友達とずっとずっと一緒に暮らすんです。


 いつかまた、天国で一緒に遊べることを信じています。  ミルちゃん、安らかに。

コメント

_ バゲ ― 2014年11月11日 22:18

ご店主さん、ありがとう。
ブログ読んで、いいオッサンなのに涙が止まらなくなりました。
ミルは14年と半年一緒に生活し、つい3日前まで元気にご飯食べてたのに。
こんなにいきなり逝ってしまうのなら、不味い薬なんて無理やり飲ませないで、大好きなササミやビスケットをいっぱい食べさせてあげればよかった。
明日、近所の寺で火葬してもらいます。
天国に行ったら、もう足も痛くないだろうし、いっぱい走って、いっぱいビスケットを神様にもらうんだよ。
ご店主さん、本当にありがとう。

_ apricot-tree ― 2014年11月11日 22:26

バゲさま
 悲しくて悲しくてたまらない時に、コメントをありがとう。
 昨日ミルちゃんが天国に召されたこと聞いてから、ご家族のみなさんの気持ちを想うと、泣けて泣けて。コメント読んだらまた涙出ちゃいました。いいオッサンでも、愛する者との別れは、思い切り泣いたっていいよね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/11/10/7488469/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。