http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(140) 西洋古都2014年10月28日 11:20

【お知らせ  11月1日(土)、11月2日(日)、あぷりこっとつりーは臨時休業させて頂きます。】

題名   : 西洋古都
作     : 安野光雅
発行所  : 岩崎書店

 表紙のカバーから古くて汚れた雰囲気を醸し出している絵本です。
 本文もわら半紙風に黄ばんだ紙色を使用して、文は旧漢字と旧仮名遣いを使った縦書きです。
 ちょっとお子さん向きと言うわけには行きませんが、取り上げられたヨーロッパ都市の説明が、とても情緒豊かで、旅情をそそられます。

 この絵本では、アテネを起点にして、出版当時”西側”に属したヨーロッパの36都市を巡っていますが、その中から比較的有名な三都市のページをご紹介します。

【倫敦(ロンドン)】

 英吉利(イギリス)の首都、人口六百九十七萬、英吉利最大の都會なり。
   (中略)
  市の中心にバッキンガム宮殿ありて、その衛兵交代の儀式の華麗なるさまは、さながら繪巻をひろげたるが如し。
 (中略)
  就中(なかんずく)、倫敦塔は英吉利を統治せる歴代王家の政治的暗躍の舞臺にして、安置せられたる美しき王冠は、ものいはずして残酷なる歴史物語ぬ。

【巴里(パリ)】

 巴里は人口約二百三十一萬、佛蘭西の首都なり、巴里の屋根の下、豊かなる塞納河(セーヌがわ)の流れありて長き歴史の哀歌をうつせり。
(中略)
  マロニエの並木、露路裏に消え入る唄、路上にしつらえたるカフェなる戀のうま酒など、一つとして美ならざるはなし。
 巴里を語るに紙數は尽きず、その美々しきさまは、筆にて語るべきにあらざれば、古人は一語にてそれを云へり、すなわち巴里は「花の都なり」そしてまた「沈まぬ舟なり」と。

【維也納(ウィーン)】

 維也納は墺地利(オーストリア)の首都なり、かつては音樂の都として華やかなる宮廷文化を誇りぬ。
 モーツアルト、ベートーベン、ヨハン・シュトラウスなど、往年の音樂家にしてこの地を訪ねざるはなし。
 (中略)
 多悩河(ドナウがわ)、西より來り、町をすぎて東に去る、河の中洲に遊園地あり、大いなる観覧車は、はかららずも映画「第三の男」によりて世にしらるるところなり。

 あー、旧漢字と旧仮名遣いを写し取るの、疲れました。どうにも出てこない漢字もありましたし。 でも、古都説明には普段使いの口語よりも、旧漢字を使った文語調の方が、断然奥行が出ますね。

 されば吾らも西洋古都をおほいに見聞せんと、銀翼に身を預けいざ行かん欧州へ。

   皆様行って参ります。

コメント

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年10月30日 00:13

ヨーロッパ、確かに楽しいよねー。でもねー、この歳になると遠過ぎるんだよねー。
何年か前にツアーでイギリスに行ったのだけど、ヒースロー空港に着いてから3時間待たされて国内線でエジンバラへ。エジンバラ空港からバスでホテルに着いた時は荷物を開けられない程(意識失う寸前って感じ)で初日から疲れ切ってた。
ミーコの友達なんて、2泊4日とかでヨーロッパに遊びに行ちゃうんだって。アッシだったら死ぬね。(飛行機代も勿体無いし)
最近は羽田(同じ区内)からフライト出来て楽になったハワイの8時間ですら辛〜い。(^_^;)
あ〜あ、コンコルドみたいな早い飛行機が復活しないかなー。

_ apricot-tree ― 2014年10月30日 03:45

軽井沢のオジサンさま
そうですね。確かに飛行機で12時間以上は、疲れますねー。
でも日本を昼くらいに出ると、ヨーロッパ到着が夕方から夜になるので、一晩寝てから行動できて、案外楽ですよ。アメリカ西海岸など、着いたら朝の場合が多くて、出張なんかだとヘロヘロで仕事突入で、地獄です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/10/30/7474429/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。