http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(138) おいぬさま2014年10月23日 23:38

題名   : おいぬさま
作     : 荒戸里也子
発行所  : 白泉社

 今日のご紹介は、絵本とキャラクターの雑誌でご存じのMOEが主宰する、第2回MOE絵本グランプリ受賞作の絵本です。
 緻密で美しいのだけれど柔らかくてユーモアたっぷりの絵と、奇抜なアイデアで予想外に展開するお話が、さすがグランプリとうならせる作品になっています。

 ある珍しもの好きのお殿様が、やっとの思いで一匹のお犬様を手に入れました。
 これがそのお犬様です。
 うん、きれいなチン。でもそんなに珍しいの?

 実は、何を隠そう、このお犬様は。。。 途方もなく大きなお犬様なのです。


 お殿様は家来たちに、「皆の者、こやつに何の不自由もさせぬよう、よおく面倒をみてやるのじゃ。」と命じたから、さぁ大変。

 家来もお女中も、真面目に、一生懸命に、お犬様のお世話をしようと頑張ります。でもこのお犬様、お殿様の前ではいい子にしていますが、実はいたずら好きだったんですよね。

 お犬様に振り回される哀れな家来やお女中たちの姿が、ユーモラスに描かれます。


 犬をべったり甘やかしてしまっているダメ飼い主としては、他人事じゃないお話しです。でも、ヤンチャされればされるほど、可愛くなっちゃうんですよね。家族からはとても評判悪いのですが。