http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

道東1泊2日2014年10月02日 22:23

思いたって初秋の道東に来ました。 今回は珍しく一人旅。慌ただしい旅ですが、タンチョウとナキウサギに会えたらいいなーと思って、朝早くに東京を立ってきました。

エアードゥで釧路に降りて、レンタカーでまずは湿原の周りをぐるっと回ってみました。
湿原の西側から鶴居に向かう途中、いきなりいました。タンチョウのつがいです。牧草地で餌を探しています。優雅ですね〜。
いきなりお目当てに会えるなんて、この旅ついているかな?

その後も遠かったけど子連れのペアにもあえました。

走るうちに道産子の居る牧場が見えてきました。レストハウスがあったので、ここでお昼に。 窓から牧場と黄葉が始まった山のパノラマが楽しめて、とてもゆっくりした時間で、根っこが生えそうです。鶴居チーズのモチモチピザも、東京には無い味で、美味かったぁ。宿泊施設があるので、今度は泊まりに来て見たい場所でした。


牧場に未練を残しつつ、湿原北側のコッタロ展望台へ。ここは 15年程前に、義父母も加わって、家族で登った思い出が。今は亡くなってしまった義父母を思い出しながら登りました。眼下のコッタロ湿原は、すっかり秋の装いでした。


コッタロ展望台から湿原東側で、一番有名な細岡展望台に向かうダートの道をノロノロ走っていたら、エゾタヌキの親子が道を横切ろうと車の前に出て来ました。こちらに気づいて子供は元の草むらに逃げ込んで、お母さんは囮のつもりか、しばらく道をヨタヨタと逃げて、反対側の草むらににげました。道をの両側で親子が交わす鳴き声が悲しげで、邪魔してゴメン悪かったなぁーと、早々立ち去りました。
細岡の展望台からの眺めはやっぱり雄大。本当にここは日本か?と、いつも思ってしまいます。(写真では大きさがつたわらず、残念。)


釧路湿原をたっぷり楽しんだので、宿を取った屈斜路湖へ。美幌峠からエメラルドグリーンの湖全景を写真に収めたかったのですが、今日は曇りで湖面はにぶいグレー。美幌峠は断念して、代わりに硫黄山へ。御嶽山の惨事があったばかりなので、ちょっと気味が悪かったです。
黄葉が始まった屈斜路湖畔。


今夜の宿は屈斜路湖畔のペンション。森の中に突き出した露天風呂を楽しみに予約したのですが、夜の森はすぐそばで野生の動物が歩き回る音が。真っ暗な森から何が現れるか怖くなって、早々に上がってしまいました。

明日はナキウサギを探して然別湖まで走る積りです。
午後から雨の予報なので、急ぎたいのですが、鹿の飛び出しには、気をつけなきゃ。

コメント

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年10月02日 22:49

北海道一人旅とは、オヌシ中々やるなー!(羨ましい)
そう言えば、ご店主さんが北海道に住んでた頃、ミーコと3人で札幌で食事したっけね。懐かしいねー!
ところで、アッシは今日久し振りに軽井沢にきました。この辺りも、もう紅葉が始まってるよ。今年は少し早いみたい。
じゃ、北海道運転気を付けて楽しんでくなんしょ!

_ apricot-tree ― 2014年10月02日 22:56

軽井沢のオジサンさま
札幌を訪ねて貰った時はうれしかったぁ。
2回来てくれたもんね。
まだ病み上がりだから、あまり薄着で出歩かないようにね。
今日の宿は、すでに床暖房が入ってます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/10/02/7448319/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。