http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

また野党2014年09月10日 23:22

 塩分の取りすぎは高血圧の元!
 この国民的常識で、今や減塩こそ美徳の時代。

 我が家の与党の皆さん、とてもまじめな方々なので、食事の味付けはできるだけ薄味。素材の味がよく分かっておいしいのだそうですが。。。

 わたし、どうしても薄味ダメ。全然うまくない。
 とは言っても、外食の味付けはちょっと濃いなーと感じる方だから、めちゃくちゃ塩分過多と言うわけでもないと思うんです。

 で、Ushiさんが作ってくれたおかずに、こっそりと塩ふったりするのですが、見つかると与党からの白い眼と非難がスゴイ。
 皆さん栄養と健康については専門知識をお持ちなので、正論で説教されてしまいます。

 えーい、うるさーい。おいしいと思う味付けで食べて何が悪い!
 しかも自慢じゃないけど、この歳でなお低血圧。ちっとも心配ないじゃないか。

 と、思ったところで、はて、なんで塩分取りすぎると血圧が上がるんだっけ?
 調べてみると、実はまだよくわかっていない。
 塩分をほとんど取らない食生活をおくる人たち(アマゾンの奥とか、あんまり文明に毒されていない方々)に、高血圧がいないとか、高血圧患者に減塩食を与えると、血圧が下がる場合があるとか、状況証拠から塩の取りすぎ=高血圧の公式が導き出されているようです。

 一応もっともらしいメカニズムとしては、摂取した塩は効率よく取り込まれて、血中に入る。すると血中の塩分濃度が上がって、これを元に戻そうとたくさんの水が血管から吸収されて、血液が増える。血液が増えるから血管がパンパンに膨らんで血圧があがる、のだそうな。
 本当?
 確か余分な塩はおしっこで出て行くのじゃなかったっけ?
 なんかだまされているような。。。
 医学がこんなに進歩しているのに、常識と思っている塩分と高血圧の関係は、まだすっきりと説明されていないんですね。

 もちろん、与党の皆さんが私の健康に気遣って下さっていることは、じゅうじゅう承知していますが、カレーライスにソース足すのだけは、譲れないな。

コメント

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年09月11日 00:13

確かに食事は味が濃い方が美味しいよねー。
私の母も高血圧なので毎日ほとんど塩分の無い食事。夏場は汗をたくさんかくので、逆にもう少し塩を摂るようにって言ってる程。
母の場合は食塩感受性タイプのようで、もう何年も塩を控えてる所為か最近は140ぐらいで落ち着いてます。
下に抜粋したのは、ある医療関係の会社のホームページのコピーです。(厚生労働省のホームページにも同じ内容が載ってるそうです)
どうやら血圧が高くなくても減塩した方が良いみたいだねー。
カレーにソース? 気持ちは分かるけど、ダメダメ <(`^´)>

「減塩による血圧を下げる効果は、1日に6~8g減らすと、高血圧患者の約20%の血圧は下がりますが、残りの約80%の血圧には変化が殆どありません。これは、塩分に反応し易い食塩感受性タイプか、逆に反応し難い食塩非感受性タイプかによって左右されます。しかし、減塩による血圧の低下の効果が無い食塩非感受性タイプであったとしても減塩をする必要はあります。
例えば、肝臓は過剰なナトリウムの排出と、必要なナトリウムの吸収を繰り返していますが、塩分の多い食事を続けていると、ナトリウムの排出が十分に行われなくなり、血液の量が増えて血圧が上昇してしまいます。また、塩分はコレステロールを高め、血栓をでき易くします。食塩非感受性タイプや、正常な血圧の人でも、塩分の過剰摂取を避けることをお勧めします。」

_ apricot-tree ― 2014年09月11日 06:25

軽井沢のオジサンさま
むむむ。軽井沢も与党に占領されていましたか。
ここは素直に改心します。食塩感受性は遺伝し易いそうなので、オジサンも気をつけましょう。

_ ミーコ ― 2014年09月11日 07:57

あんまり細かい事、気にしないアルよ。
何でも…食べ物も人間関係も、ほどほどがいいがね〜( ̄▽ ̄)

_ apricot-tree ― 2014年09月11日 08:59

ミーコさま
 さすが、含蓄のあるお言葉!
 改心するの、また今度にしようかな。。。

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年09月11日 11:50

オイラもほどほどにするがねー!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/09/10/7432731/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。