http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

「超高速!参勤交代」見てきました。2014年07月01日 21:05

 昨日のことになりますが、21日に封切された邦画「超高速!参勤交代」見てきました。
 なんかの機会に宣伝ポスター見て、参勤交代という風変わりなテーマとキャストに興味をそそられたので、評判も調べずにとりあえず見てしまへと。

 ストリー的には、磐城の貧乏小藩湯長谷(ゆながや)藩の殿様が、参勤交代の任が解けてやっと国元に帰り着いた翌日に、江戸から早馬が5日以内に江戸に再び参勤せよという将軍の命令書を届けます。
 この参勤命令、実は湯長谷藩に無理難題を押し付けて取り潰そうとする老中の陰謀。そうとわかってはいても命令に背くことができない貧乏大名の悲しみ。そして取って返したくても大名行列に必要になる莫大な費用は無いし、第一普通では江戸まで10日はかかるし、絶体絶命の湯長谷藩。それでも殿様が下した結論は「江戸に行く!」 城内はてんやわんやの大騒ぎになります。

 映画は佐々木蔵之介演じる小さくて貧乏だけど家臣も領民も大切にするスーパーいい人大名が、家臣や道中知り合ういろいろな人の助けを借りながら困難に立ち向かう姿を面白おかしく追いかけて展開しました。因みに悪い老中役は陣内孝則で、絵に描いたような悪役メイクと陰惨な弱い者いじめが観客の憎悪をぐっと鷲づかみにしてくれます。
 大名行列しかイメージの無い参勤交代をネタにしながら、実は滑稽あり、アクションあり、人情あり、恋バナありと、かつての民放TV時代劇(例えば水戸黄門や木枯らし紋次郎)のような明確な勧善懲悪物で気楽に楽しませてくれました。

 是非映画館で見るべき映画です!とは言えませんが、チャンバラ好き世代を連れて行ってあげるにはうってつけの映画かもしれません。

 それにしても、日本もアメリカ様から「至急ペルシャ湾に罷り越せ!」と命じられて、「御意。」と駆け付けるようにされちゃうんですかねー。
 悪ノリしちゃってるセンセ方さぁ、そんなに行きたきゃアンタたちが行けばぁ。

1か月経過!2014年07月02日 23:17

 再開した初日はあまりの苦しさに、続けられるだろうかと心配した水泳。 途中旅行で通えなかった週もありましたが、1回正味40分、週2日~3日のペースで続いています。
 正統派根性無しを自負する自分にしては、これは既に奇跡です。だから雹が降ったりするのかな?

 ようやく力を抜いて泳げる感覚が戻りつつありますが、10年前と同じペースで泳いでいるつもりでも、25mに要する時間はどの泳ぎでも1~2秒長くなりました。
 年齢による馬力の衰えなのか、腹が出て水中の抵抗増えたためかわかりませんが、遅くなった事実に気づいてみると結構ショックです。

 水泳再開後もずっと続いた腰痛が少し和らいだので、今週から封印していたバタフライも練習メニューに加えてみました。
 心配した腰は平気だったのですが、キックに変な力をかけてしまったようで、今度は膝をやってしまいました。

 よく運動会のPTA参加競技で、張り切りすぎたお父さんが転ぶのは、動けた時のイメージに運動不足の体が着いていけないからだと聞きますが、私の水泳もまさにそんな感じなのでしょう。

 痛む体をだましだまし使うのが50代の知恵ってものですね。
 頑張ります。

 【水泳ダイエット 途中経過】
  今のところ6週目
  泳いだ距離累積 11.8km
  体重減の累積   2.6kg

絵本紹介(107) くま!くま!くまだらけ2014年07月03日 21:50

題名    : くま!くま!くまだらけ
文     : ルース クラウス
絵     : モーリス センダック
訳     : 石津 ちひろ
出版社  : 徳間書店

 徳間書店の子どもの本20周年記念作品のひとつで刊行された絵本で、「はなをくんくん」のルース・クラウスと「かいじゅうたちのいるところ」のモーリス・センダックが手掛けたナンセンス絵本です。

 ある晩クマの人形と一緒にベッドに入った坊やにやきもちを焼いた犬が、人形をくわえて逃げ出しました。


   坊やは慌てて犬を追いかけますが、行くところ行くところなぜかたくさんのクマが現れて、坊やの捕り物を邪魔します。

 なぜクマが現れるのかですか?
 それはもちろんナンセンス絵本だからです。

 頭をからっぽに、たっぷりのクマを楽しみたい夜にはお勧めの絵本です。(そんな夜があればですが。) 描かれたさまざまな表情のクマを見ていると、人間社会のごたごたは忘れてしまいそう。。。

7月5日 あぷりこっとつりーこぼれ話2014年07月05日 23:08

 いつも一言二言の箇条書きですが、営業日誌的なノートを付けています。

 ふと去年の今頃、開店間もない頃はどんなだったかなぁーと日誌を見返してみると、去年は7月6日が土曜日で、朝からずーっとノーゲスト。今日はだめかぁーとあきらめかけた夕方になってようやくお客さんが来店していました。

 道行く人に絵本屋だと気づいて貰う工夫もろくにしていなかった昨年に比べれば一年でずいぶん立ち寄っていただけるお客様増えて満足すべきかもしれませんが。。。店の雰囲気が気に入ってレンタルボックスに作品を並べて下さる作家さんも増えて来たので、もっと沢山の人に見て貰らう対策考えねばとプレッシャー感じてます。

 さて午前中小雨で人の出足が鈍かった今日ですが、なんの、楽しい出会いがありましたよぉ。

【先輩来店】
 日頃米国に駐在している勤め先の先輩が、夏休みで帰国されていたご家族を連れて立ち寄ってくれました。久しぶりの日本での貴重な家族タイムなのに時間を割いて貰えてビッグサプライズです。
 先輩の奥様と娘さんは久しぶりに懐かしい絵本に出会えたようで、思い出話を楽しそうにされていて、少しはお役に立てたかな?

【サイトーさん来店】
 サプライズと言えば、以前一度来店されたご縁で連絡取らせていただいている関西在住のイラストレーター サイトーさん(http://chiibaa.jimdo.com/)がひょっこり顔を出して下さいました。
 そう言うと失礼かもしれませんが、サイトーさんの放つ関西独特の人なつっこさオーラは作品同様とても暖かで、看板犬たちもよくわかっていて大はしゃぎでした。
 さらに今日はお友達のイラストレーター高橋元太さんを連れてきて下さって、これをご縁にまた世界が広がりそうです。

【ワンコ好きガールズ】
 そろそろ閉店かなと片づけを始めていた時間帯、20代前半くらいの3人組お嬢さんたちが来店されました。皆さんワンコ好きだったようで、店内見る前にまずワンコ。看板犬たちも大張り切りでお姉さんたちに甘えまくって鼻の下がビローンでした。
 最近はお客様に「ボクたちここだよ」とアピールしてもかまってもらえないことが多かったのがウソのように、今日は最初から最後まで犬好きのお客様ばかりで、天気はいまいちだけどワンコにとってはハッピーデイでした。

絵本紹介(108) 雨、あめ2014年07月06日 22:12

題名   : 雨、あめ
作    : ピーター・スピアー
出版社 : 評論社

 なんとなく憂鬱な雨の季節。
 でも子供の頃は黄色いカッパがお気に入りだったり、買ってもらった長靴を早く履いてみたかったり、雨の日が待ち遠しかったことありませんでしたか?

 この絵本は文字の無い絵だけの絵本ですが、ページを開く毎に子供の頃に雨の日にワクワクした気持ちや雨の思い出が蘇ってきました。

 庭で幼い姉弟が遊んでいると雨が降り出しました。
二人は急いで家に戻ります。

 家に戻った二人はお母さんに、レインコートにレインハットに雨靴、そして傘を用意して貰って、雨の街を探検に出かけました。


 空き家では雨どいに枯葉が詰まって、雨が雨水が滝の様に降っています。
子供たちがこんな楽しい滝を放っておくわけがない。さっそく滝の下に突入です。

 蜘蛛の巣は雨粒が輝いて真珠の首飾りみたい。


台車に溜まった水はもちろんジャバー。 楽しいぃー!!


道路の側溝はあっという間に川に変身。
 さっそく入ってみることにしました。長靴の中まで水浸しだけど、気にしない気にしない。

 雨の中の冒険を楽しんだ二人が家に帰ると、お母さんはびしょ濡れの二人をそのままお風呂に入れてくれました。

何もかもびしょびしょでドロドロかもしれませんが、怒らないであげてくださいね、お母さん。 雨の日の冒険は、きっと子供たちの一生の思い出になりますよ。
 ピーター・スピアーの絵が優しくて繊細で素敵な絵本です。