http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

こわばった帰国2014年06月27日 23:48

 ブラジルで行われているサッカーワールドカップで、残念ながら一次リーグで敗退してしまった日本代表が今日成田に帰ってきた姿をニュース映像で見ました。

 たくさんのファン(若い女性が特に多かったようですが)が一生懸命、お疲れ様、感動ありがとうと選手たちをねぎらっていたのに、選手は異常なまでに表情引き締めて、笑いもせず、泣きもせず、手を振ることもなく、無表情で迎えの人ごみを通り過ぎて行きました。その姿は私には異様で悲しく映ったのですが、ご覧になった方はどうお感じでしたか?

 そりゃ、前評判を覆して1勝もできずに戦いを終えてしまったけど、ブラジルに出向いた誰ひとり負けようと思って負けたわけではないし、この大会に向けて選手たちが積んで来た研鑽の数々は大変な物であったことを知っているので、そんな罪人のような深刻な表情しないで、もっと帰国してホッとした表情や、応援してくれたのに負けてゴメンネという照れ笑いとかが出る自然な帰国であってほしかったなぁと思ったのですが、間違ってますかね?

 たいしてサッカーファンでない私は、視聴率が40%を超えた日本の初戦すら中継を見ていないのですが、経過だけは気になってネットで時々チェックしていました。

 最初日本がリードしている間はネットに投稿されたツイートは、勝てる!とかいいぞ本田!とか、前向きだったのに、逆転された途端に代表選手をぼろくそにこき下ろす投稿が増えたり、投稿者どうしの醜い罵り合いがあったり、もう見るのがウンザリになってしまいました。

 あのようなネット世界での心無いバッシングを考えると、選手たちが無用に批判されることを避けて無表情に通り過ぎたのかもしれませんが、やっぱり変です。

 他国のことはわかりませんが、和を重んじて周囲の目をとても気にしてしまう日本人の気質。
 皆が善人のハトであればとても思いやりの素晴らしい文化だと思いますが、中に多勢や匿名性を良いことに攻撃的に振舞うタカが紛れ込むと、途端に委縮して疑心暗鬼におちいって口を閉ざしてしまう傾向があるように思います。ハトだってまとまれば強いのに。
 
 今日見た日本代表の不自然な無表情が、最近世間を覆う嫌な空気の先取りでなければ良いのですが。