http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(98) 古くて新しい椅子2014年06月01日 23:50

題名   : 古くて新しい椅子
文    : 中嶋浩郎
絵    : パラオ・ボルドリーニ
出版社 : 福音館書店

 今回ご紹介する絵本は、福音館書店が子供向けに科学、生活、歴史などを掘り下げて解説している出している月刊誌「たくさんのふしぎ」の傑作集の中の一冊です。
 日本ではすっかり忘れられてしまったものを大切に扱う生活や精神、伝統の職人の仕事が物語調に紹介されていて、大人でも読むと得した気分になれる絵本です。

イタリアのフィレンツェに住むマルコ少年は、子供用の机が小さくなったので大きな勉強机を貰えることになりました。
 新しい机を買ってもらえると思ったマルコでしたが、お父さんは倉庫からひいおじいさんの頃から使われてきたボロボロの机と椅子を持ち出してきました。


 こんなにおんぼろじゃあ使えないというマルコに、お父さんは家具修理屋さんに頼めば新品と同じくらいきれいになると言って、さっそく壊れかけた机と椅子を家具修理職人の元に持ち込みました。


 かつてダヴィンチが、ミケランジェロが、ラファエロが暮らしたフィレンツェは芸術の街、ルネサンスの街として有名ですが、職人の街でもあって、家具修理職人のパオロさんは、椅子の藁張を近くに住むアンナおばあさんに、無くなった引き出しの取っ手づくりを金具職人のランベルトさんに頼んで、自分は机の足や引き出しを丁寧に直して行きます。


 フィレンツェの家具職人たちの連携で、数日もするとマルコの机と椅子は新品と見違えるほど新しくなりました。古くて新しい机は、修理前にどこが壊れてどの引き出しがなくなっていたのか全然わからなくなっていました。



   なんかいかにもイタリアという印象のお話しでした。100年なんて古いうちに入らない。古くなっても修理する職人さんがいるので、ちょっと修理すれば新品みたいに蘇る。フィレンツェは今でもまだこんな伝統が息づいているんでしょうかね。
 ポンテベッキオやドォモーだけでないフィレンツェの見どころを教わって、いつかまた訪ねてみたくなりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/06/01/7333046/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。