http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

タイの首相失職のニュース2014年05月07日 22:05

 ちょっと考えさせられた今日のニュース。
 
 長いことタクシン派(赤軍団)と反タクシン派(黄軍団)の対立で国が二分されて混乱が続いているタイですが、今日、タクシン派のインラック首相が、憲法裁判所から憲法違反の判決を受けて首相失職したそうです。

 一体赤軍団と黄軍団とどちらが正しくてどちらが悪いのかさっぱりわからないし、今回の違憲の判決もフェアなものか、策略的なものか知りません。
 混乱している国で、首相が首になったらますます混乱して、そこで生活している人たちにはたまったものではないだろうなと想像します。
 
 でも憲法が為政者の上に君臨する姿は、まさしく憲法の存在意義を体現していて、これぞあるべき姿ではないかと感じ入りました。

 首相が御用学者に屁理屈並べさせて、「専門の学者先生もおっしゃっているように、黒と書いてあっても意味は白です。」なんて憲法を骨抜きにしようとしているこの国。 やられっぱなしで悲しくなります。