http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(79) 紙しばい屋さん2014年03月22日 22:00

題名   : 紙しばい屋さん
作    : アレン セイ
出版社 : ほるぷ出版

 私の世代はかろうじて知っていますが、ちょっと若い人たちは紙しばい屋さんという商売があったこと、もしかしたら知らないかも知れませんね。
 この絵本は昔紙しばい屋さんだったおじいさんが、久しぶりに自転車に紙芝居を積んで街に出かけたお話です。

 今からちょっと昔、山あいの小さな家に、おじいさんとおばあさんが二人だけで住んでいました。
 ある日おじいさんが、久しぶりに紙しばい屋さんの仕事に出かけてみようと思うとおばあさんに言いました。するとおばあさんはそれじゃお菓子をつくりましょうと、嬉しそうに答えます。
 翌朝、おばあさん手作りのお菓子と紙芝居を自転車の荷台に積んで、おじいさんはご機嫌で鼻歌を歌いながら山を下りて街に向かいました。

 でも久しぶりに昔よく通った街に入ると、景色が大きく変わっていて、おじいさんはどこかで道を間違えたのではないかとさえ思いました。高い建物だらけで、道は車がいっぱいで、おじいさんの自転車は邪魔者あつかいされてしまいました。


 やっとの思いでよくこどもたちに紙しばいを読み聞かせた空き地にたどり着くと、その周りも家やお店がいっぱい増えていました。


 街のあまりの変わり方にため息をついたおじいさんは、それでも気を取り直して紙芝居とおばあさんが作ってくれた宝石のようにきれいなお菓子を用意します。
 そして拍子木を取り出してカチーンと鳴らしました。

 「さあ、みなさん、こっちにいらっしゃーい!紙しばい屋さんがきたよー!」

 さて、こんなに変わってしまった街で、昔みたいにおじいさんの紙しばい屋さんにお客さんは集まってきてくれるでしょうか?

 東京オリンピックの頃、原宿ではもう紙しばい屋さんの姿を見ることはありませんでした。
 でも移り住んだ秋田では、まだ紙しばい屋さんは現役で、夕方遊び場にしていた公園に鐘を鳴らしながら自転車でやってきました。
 当時、紙しばい屋さんのシステム(=お菓子を買った子供だけ紙芝居を見られる。)がわかっていなかったので、私にとってはただの水飴やさん。10円玉を差し出して大好きな水飴を受け取ると、紙芝居は見ないでまた自分の遊びに興じていましたっけ。おバカですねぇー。

   とってもアナログな世界ですが、おじさんと子供たちのコミニュケーションが生まれて、いい時代でした。  今は、「知らない人から食べ物もらっちゃいけません!」って、教えなきゃならない時代ですね、残念ながら。

コメント

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年03月23日 00:43

紙芝居ねー。
私は広尾の日赤病院で生まれ原宿育ちの生粋のシテーボーイなので、紙芝居を見た記憶が全くないよ。
ところで絵本のオジサン、どーも小学校の頃から落ち着いてて大人びてた。年齢、実は鯖を読んでな〜い?(^ω^)

_ apricot-tree ― 2014年03月23日 06:58

軽井沢のおじさんさま
そーそー、生粋の原宿ボーイだよね。
CMにも出演したしね。

年齢詐称、なんでバレたんだろ。

_ みやこ ― 2014年03月23日 12:30

沖縄行ったんだよね、撮影で。軽井沢のおじさん、まさか生まれた病院まで一緒だったとは、私達幼なじみ度Maxではないですか!

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年03月23日 12:53

わ〜い、Max、マックス、まーっくすーっ! \(^o^)/

_ みやこ ― 2014年03月24日 00:10

私は従姉妹が下町に住んでいたので紙芝居見てました~。型ぬきをやって…。でもあれって針で抜いてたような!?

_ apricot-tree ― 2014年03月24日 00:19

みやこさま
 あー、みやこにも年齢詐称疑惑がぁー。
 そう言えばみょーに色っぽかったものね。

_ 軽井沢のオジサン ― 2014年03月24日 19:34

あれ?
小中学校時代は気が多くて好きな子がいっぱい居たとご自分でおっしゃってたご店主さん、もしかしてミヤコにも惚れてた時期があるんじゃな〜い?
あやしいー。( ゚д゚)
でも、確かに色っぽかったよねー。(^。^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2014/03/22/7251101/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。