http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

当てられた。。。2013年11月12日 23:15

 よく食料品の買い出しに出かける雑居ビルに、占いの店が入ってます。
 もともと星占いとか姓名判断とか、占いと言うものを信じていないのですが、いつも占いの店を見ていたら、もし自分の手相見たらどんなデタラメ言うんだろうと意地悪な興味をそそられてしまいました。
 
 買い物のついでにちょっと冷かしてみようかなーと何度も思いつつも、でも冷やかしに\3,000はバカらしいなと踏みとどまっていましたが、ちょっとした心境の変化で、昨日人生初めてプロの占い師のまな板の上に載ってみました。

 店の前に手相の解説図みたいな絵があったので、当然最初から手相を見てくれるのかと思ったら、まず生年月日と氏名を書かせて、分厚い辞書みたいなのを調べて、なにやら漢数字や色や星の名なんかが入った漢字熟語みたいなものを書き出していきます。
 占い師さん曰く、なんとか占星術で生年月日から、わたしの宿命と運命を割り出しているのだとか。

 一通り書き出してから、それらの星(?)からみた私の性格や指向、向いている職業などの解説が始まって、聞いているうちに鳥肌が。。。
 繰り出されるパンチがほとんど的確に急所にヒットして来ました。

 基本的に占いを信用していない人間なので、占い師さんのペースにはまらないように、ホオーとか、ソーナンデスカァーとか、ヘェーとか、当たっているとも外れているとも反応せずに、ひたすらポーカーフェースを装ったつもりだったのに、おそろしく当てられちゃいました。

 もちろん、なんとか占星術だけで当てているわけではなくて、入店してからの客の立居振舞、服装、荷物、一言二言の会話から、だいたいの人物像に当たりをつけて、占星術から得られた特徴を客向けにアレンジしてきているのだと思いますが、いやそれにしても短時間でお見事な観察眼。

 占星術からの宿命と運命の解説がひと段落ついたところで、ようやく手相拝見になったのですが、既に当てられすぎて、私ってそんなにわかりやすい男なんだと動揺してしまって、一番興味があるはずだった手相の解説があまり記憶に残っていないんです。

 仕事運、悪くはない。 とか 金運、大成功はしないけど喰ってはいける。 とか 胃腸と気管支が弱い。 とか言われたような。。。 
 少なくとも、これは素晴らしい手相だ!とか、これから大成功する!とか 奥さんと別れなさい!とかは言われなかったので、きっとそこそこの平和な未来なのかもしれませんね。

 それにしても私の宿命では、金運はいまいちだけど、人の運が強いそうで、なるほどだからお金は素通りしていくけど、良い人、良い友、良い家族に巡り合えてるのねと、とてもスッキリして心強くなりました。
 占い師さん、嘘でもありがとう。

 (もしこの占い師さんに感心お持ちの方いらっしゃいましたら、ご連絡下さい。名刺をもらったので、店の場所と占い師さんの名前、こっそりお教えしますよ。)