http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

花梨の砂糖煮2013年11月09日 23:34

 昨日カナダ人のイアンさんから貰って、水で煮始めた花梨の果肉。
 保温の良い土鍋で沸騰と保温を繰り返すこと2時間、だいぶ黄色っぽく、柔らかくなりました。
 夜も遅くなってしまったので、昨晩はここまで。
 今日は砂糖で味付けして、もっと柔らかくなるまで煮込むつもりでした。

 朝、ちょっと風邪気味で喉がいたかったので、花梨の煮汁飲んでみたんですが。。。死にました。
 えぐいというか、渋いというか、苦いというか。とにかくめちゃまずい! でも、ショック療法でしょうか?風邪っぽかったのは気が付いたら消えてました。もしかして、良薬は口に苦しってやつですか?

 このまま砂糖足して煮込んでも、苦みがきっと残ると思われたので、煮汁を一度全部捨てて、柔らかくなった果肉を水で洗って、改めて少量の水と適当量の砂糖を加えて煮ること30分。
 もういちど煮汁をなめてみると、まだ苦い!
 もったいないけど砂糖の入った煮汁をもう一度捨てて、白ワインと砂糖を入れて煮てみることにしました。

 白ワインと砂糖を入れて、しばらく沸騰させてから火を止めて、余熱で果肉に味をしみこませると、苦みがまだ少し残るものの、鮮やかなオレンジ色のきれいな花梨の砂糖煮の出来上がり。



 さっそくプレーンヨーグルトと一緒に食べてみたところ、
 うーん、梨のようで、リンゴのようで、どちらとも違う不思議な食感。
 味も、酸味と苦みを包み込んだ甘味であるせいか、舌の上に張り付くような不思議な味で、似ているもの使って説明しようのない味です。

 イアンさんが言う通り、今まで経験したことの無い味と食感でしたが、今のところ癖になりそうというほどではなく、残念ながら特に感動とまではいきませんでした。(覚めてるのかなぁ?)
 食べた後に舌にえぐ味か苦みかが残って、結構しつこいので、苦い味苦手な方にはお勧め難しいところです。

 でも今回、イアンさんが夢中で話してくれなかったら、きっと一生花梨を調理してみることなんかなかったと思うので、楽しい経験に感謝です。  ちょっと苦くて不思議な食べ物だけど、せっかくのイアンさんからのおすそ分けなので、しばらくは朝食にヨーグルトと一緒に大事に食べよーっと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2013/11/09/7049229/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。