http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

同業者の来店2013年09月14日 23:50

 今日、若い女性のお客様の来店が多いあぷりこっとつりーに、ノーネクタイながら、背広姿の私と同世代と思われる男性おひとり様の来店がありました。

 最初、絵本の卸売お願いしている出版社の方とか、開店の相談にのってもらった会社の関係者とか、以前お会いしたことのある方ではないかと一生懸命思い出そうとしましたが、どうも違う。

 男性も、特にわたしに声をかけるでもなく、絵本の一つ一つをとても丁寧に見ていたので、どうも以前お会いしたとか、どなたかの紹介とかとは違ったようです。
 そして選んで下さった絵本は名作としてとても評判の高い一冊。

 お会計の際に少しお話してみると、なんと私と同様に50歳過ぎて勤め人から転身されて、台湾で絵本屋さんを経営されている方でした。
 たまたま近くのギャラリーに来た帰りに偶然絵本屋を見つけ、入ってくださったという、不思議なご縁でした。

 男性のお店は、うちとはちょっと違って、お子さん向けの絵本を多く取り揃えて、読み聞かせなどのイベントを積極的に開いているようですが、同じ年代の少し先を行く先輩に、店内で絵本をゆっくりと見て貰えたことは、大変光栄なことでした。

 この男性はじめ、絵本好きのお客様から、「とてもゆったりと落ち着けるお店でした。」と褒めていただくと、ああ、とりあえずやり方間違っていないかな、とうれしくなります。

 益々客様に喜んでいただける店造り目指しますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 エヘヘ、なんか経営者みたいですね。