http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

丸裸の山椒2013年09月07日 22:50

 ベランダでアゲハ蝶の為に鉢植えで山椒を育てています。

 今年は夏前に数匹の青虫が蝶になって巣立っていきましたが、そのあとの猛暑でにやられたのか、山椒の葉はちりちりに焦げたようになって、全く元気がありませんでした。

 それなのに夏の終わりに再び青虫が15匹くらい取りついて、とうとう最後の一葉まで食い尽くして、どこか安全な場所を求めて旅立っていきました。
丸裸の山椒の木


 ところが、最後の葉がなくなっても、まだ小さな幼虫が枝に取りついているではありませんか。
 仕方なくちょろっと生えたばかりのシークワーサーの葉っぱに置いておくと、葉っぱを食べた形跡がありました。
イモムシをシークワーサーに移す


 これでなんとか育ってくれ、と願ったのですが、翌日幼虫の姿はどこにも見当たりません。
 食べ物が気に食わなかったのか、鳥に見つかったか、どちらにしてもどこかで命を落としてしまったようです。

 自然の摂理とはいっても、救ってやりたかったなぁと残念です。

 それにしても、丸裸になった山椒の木、驚いたことに新芽を吹き始めました。
 自然の生命力は不思議ですね。
 もし丸裸になる前に新芽を吹き始めたら、まだしぶとく取りついていたイモムシの格好の餌食になるところを、イモムシが全滅したあとのタイミングまで待って、新芽を出しているんですね。どうしてわかるんだろう。スゴイなー。

 話は変わりますが、今日は店のホームページを見たという遠方のお客様より、商品お問い合わせの電話を頂きました。当店のホームページは極めてお粗末で、商品を良く見つけて下さったものだとただただ驚きです。
 見て下さるお客様がいることを意識して、もっと見やすいページにしなければと、反省の一日でした。

コメント

_ バゲ ― 2013年09月07日 23:27

山椒の鉢って、あの「山椒は小粒でもぴりりと辛い」の山椒の実がなるの?(イモムシ君に食べさせとくのはもったいないにぁ)
京都の「はれま」のチリメン山椒、超美味しいよー。あー、食べたい。)^o^(

_ apricot-tree ― 2013年09月08日 00:11

バゲさま
いつもコメントありがとうございます。
そう、あの山椒をアゲハはすきなんです。
京都のチリメン山椒、ほんと美味いですね。
お店によって美味さちがうんだ。今度美味い店、教えて下さい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2013/09/07/6974971/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。