http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(19)2013年07月31日 21:20

3匹のかわいいオオカミ
題名   : 3びきのかわいいオオカミ、
文     : ユージーン トリビザス
絵     : ヘレン オクセンバリー
翻訳   : こだま ともこ
出版社  : 冨山房

今日紹介する絵本は、だれでも知ってるお話のパロディーです。
 さて、何のパロディーかなって、題名ですでにバレバレですね。

 あるところにお母さんと暮らしている3匹のかわいいオオカミがいました。お母さんは3匹に、そろそろ家を出て自分たちの力で家をつくりなさいと言います。「でも、わるいブタには気をつけるのよ。」

 次に日、オオカミの子供たちは、親切なカンガルーに分けてもらった煉瓦で立派な家を建てて暮らし始めます。そこに、わるいブタがやってきて中に入れろと脅しましたが、3匹は断ります。
悪いブタ

おびえる3匹のオオカミ

怒った豚は、煉瓦の家を吹き飛ばそうとしますが、家は頑丈でびくともしません。すると悪いブタは、どこからかハンマーを持ってきて煉瓦の家を壊してしまいました。
ハンマーで壊す

逃げ出したオオカミたちは、今度はビーバーからセメントを分けて貰って、コンクリートで頑丈な家を作りました。でも、悪いブタはとても悪くて、電気ドリルを持ち出して、コンクリートの家も破壊してしまいました。
電気ドリルで壊す

 まだまだ続くオオカミと悪いブタの知恵比べ。

   元話では、確か煉瓦の家の煙突から鍋に落ちたオオカミがあきらめて、3匹の子豚は仲良く暮らしたのだったと思いますが、この絵本は最後にもう一つイソップ童話のパロディーをかまして(?)、意外な結末となっています。
 何の教訓も、感動も、メルヘンもない、まー冷静になればおバカなお話ですが、お子様、特に男の子には受けること間違いなし。
 因みにうちの子25歳ですが、「なんでだよ!」とか、「んな訳あるか!」とか、一人で突っ込んで、結構楽しんでました。

 こんなおふざけに、売れっ子イラストレーターのヘレン=オクセンバリーが付き合っちゃうあたり、モンティーパイソンやミスタービーンを生んだイギリスらしいなーと、うらやましくなっちゃいます。