http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

出ない。2013年07月30日 19:02

 2か月くらい前になります。
 Ushiさんが久しぶりに私の好物、アボカド買ってきてくれました。

 夕食のサラダに入れて、「やっぱりおいしいね!」と相槌を求めると、隣で鼻を膨らませたUshiさんの顔が。。。
 私、気づいてます。彼女が鼻を膨らませている時は、なにか悪だくみをしている時。

 案の定 翌日、コップに張った水の中にまーるい茶色い物体をキッチンで発見。
 私 : 「なに、これ?」
 Ushi: 「アボカドの種。」「どんな芽が出てくるか、見てみたいと思わない?」
 私 : 「そー言えば知らないね。いいね、いいね。」

 それからしばらく発芽を待ちましたが、ちっとも変化なし。
 どっぷり水につけちゃいけないんじゃないかと、水を抜いて半分頭を表に出しても変化なし。
 2週間くらいしたら、やっと皮が割れて、発芽の兆候!
 期待して待つことさらに2週間、でもそこから変化なし。

   「やっぱり土に植えなきゃダメなんでない?」
 で、鉢で植えてみましたが。。。出てきません。

 そのうち私はすっかり忘れてしまっていたのですが、一昨日の朝、ふとみたらアボカドの鉢に見慣れない芽が。

           
シークワーサー

慌ててUshiさんに報告すると、あっさりと、
 「言ったじゃん。あれはシークワーサー(沖縄産柑橘類)。」「人の言うこと全然聞いてないんだから。」
 「へっ? 言われた?」

 改めて聞くと、アボカドの鉢に、後からシークワーサーの種も植えてみたのだとか。
 ややこしいことしますなー。でも、面白い。

 ジュースでおなじみのシークワーサーも、木は見たことありませんでした。 そして関東で見慣れた夏みかんとかみかんの芽に比べて、なんともかわいらしいこと。へーこんなだったんだ。

 それにしても、アボカド君、どうした。
 遅咲きの大器と期待するには、さすがに遅いよ。
 あんまり待たせると、もう1個アボカド買ってきてもらっちゃうよ。