http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

飲めないわけ2013年07月06日 11:51

 以前にこのブログで書きましたが、わたしはお酒類がまったく飲めません。
 ビールならコップ一杯で顔は真っ赤、心臓バクバクの後、強烈な睡魔に襲われ、それも過ぎるとひどい頭痛に悩まされます。

 父親は大酒飲みで、普段の日でも晩酌にビール大瓶3本、水割り3杯、休日にはその倍くらい飲んでいたのに、息子の私が全然飲めないのは不思議でした。

 なんでこんなに飲めないのか?
 理由はアルコールの分解にかかわる遺伝子にありました。
 
 数年前にアルコール依存になりやすい体質かどうか調べる遺伝子検査のモルモットになったことがあります。戻ってきたのは、アルコールが分解されてできるアルデヒドという物質を分解する酵素の活性がほとんど無いことを示す結果。
 アルデヒドは、体にとって毒性があって、悪酔いの原因になっています。このアルデヒドを早く分解しないと、私の様に顔が真っ赤で心臓バクバク、しまいに頭痛になってしまうようです。だからアルコールを飲むといつも気分が悪くなるので、どう間違ってもアルコール依存にはならないそうです。
 
 遺伝子には父親からもらったものと母親からもらったものとがペアーであるのですが、私は父親由来も母親由来も、どちらも酵素の活性が無い遺伝子。こういうタイプは「ホモ」と呼ばれます。

 昔はお酒があまり飲めなかったけど、訓練したら飲めるようになった、けれど酔っ払いやすい方は、父親由来か母親由来のどちらか片方が酵素の活性をしっかりと持った遺伝子で、「ヘテロ」と呼ばれるタイプです。
 
 よく顔色一つ変えずにどんどん飲めちゃう、わたしから見たら神みたいな方がいますが、こういう方はたぶん父親由来も母親由来もどちらも活性が強い酵素の遺伝子で、「ワイルド」タイプと呼ばれます。欧米人はほとんどがこのタイプだそうです。
 お酒に強いのは良いのですが、アルコールの依存症になる方にはワイルドタイプが多いそうですのでご注意ください。

 ところで、最近アメリカの有名女優が遺伝子検査の結果を重く見て、将来乳がんになるリスクを減らす為、まだ正常な乳房な切除に踏み切ったことで、今遺伝子検査が結構話題になっていますよね。

 ちょっと必要があって、アメリカではどんな遺伝子検査サービスがあるのかつい先日調べてみたのですが、非常にはやっている23andMe(トゥエンティースリーアンドミー)社のサービスでは、たった$99でいろいろな病気(例えば癌、リウマチ、アルツハイマー)になるリスクや、自分の体質(巻き毛、髪の色、瞳の色、背が高い低い)など250項目も調べてくれるそうです。

 で、おもしろいなと思ったのが、23andMeで遺伝子検査をして結果を登録している人の中から、自分の親戚かもしれない人を探してくれるサービスや、自分の祖先がどこからやってきたのか教えてくれるサービスがあること。
 さすが多民族が集まっているアメリカらしいですよね。
 日本人だとせいぜい父は東北、母は九州の出くらいでしょうが、殆どの人がこの200年でよそから入ってきたアメリカでは、自分のアイデンティティとかルーツとか、とても大事で知りたいことなんでしょうね。

 でも、ある日いきなり「あんたのひいひいひいひいおばあちゃんと、おいらのひいひいひいひいじいちゃんが兄妹だったジョージだけど。」とか電話がかかってきたら、どうします?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://apricot-tree.asablo.jp/blog/2013/07/02/6885014/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。