http://apricot-tree.asablo.jp/blog/img/2013/06/17/29f71b.jpg

絵本紹介(3)2013年06月01日 22:29

  タイトル: 最後のおさんぽ
  文: 大島 妙子
  絵: 大島 妙子
  出版社: 講談社

 今日は思い切り泣かされてしまった絵本を紹介します。

 いい年のオジサンが、涙と鼻水抑えられなくなったことを告白するのはとても恥ずかしいのですが、この絵本は格好気にする余裕も無くするほど、心の琴線に触れました。

 愛犬ヒラメを老衰で失った主人公は、亡骸を抱きしめながら泣くうちに寝入ってしまいます。ふと目を覚ますと、目の前に若返ったヒラメの顔が。しかも背中にはかわいい羽根がついています。

 ヒラメは主人公にむかって、「天国いくのついてきて。」

 かくして主人公はリュックにヒラメの好きなお菓子をいっぱいつめて、天国までの最後のおさんぽに出かけます。

 主人公はできるだけゆっくり行きたいのに、若返って軽快な足取りで先を急ぐヒラメ。

 途中ヒラメに好きなお菓子をあげて一休み。もう何も気にせず好きなだけ食べさせてあげられます。
 いろいろな思い出を語り合ううち眠ってしまったヒラメに、「ねえ、幸せだった?うちのコで」とそっと問いかけてみます。

 いよいよ天国の門が見えると、ヒラメはブルブル震えだして先に進めません。主人公がヒラメを抱きしめて言った言葉に、そこまで必死にこらえていた私の涙は堰を切ってあふれ出しました。

 「このまま きたみち もどろっか。」
 「ずっと そばにいて、オバケのままでも いいからさ。」
 
 犬と一緒に暮らす者にとって、やがて来る愛犬との別れは覚悟はしていても、受け入れたくない運命です。
  それゆえ主人公の心の動きが自分の気持ちと重なって、物語の中に引きずり込まれました。
 また大島妙子さんのヒラメのイラストが愛らしくて、悲しさを二倍にも三倍にも増幅させてくれます。

 結局天国の入り口でヒラメを勇気づける出来事がおこって、ヒラメは楽しそうに天国に旅立っていくのですが、うれしそうなヒラメを見てほっとする気持ちと、一人残される寂しさが痛いほどわかって、読み終わっても余韻で涙が止まりませんでした。

 実はこの紹介文を書きながら、また鼻水が止まりません。
 本当に、オバケになってもいいから、そばにいて欲しい。

初めてのお客様2013年06月02日 19:36

 今日は開店準備中のお店に二組、4人のお客様がご来店。

 一組は子供の友人たちで、もう一組はUshiさんの職場関係の方々。
 どちらも開店準備の話を聞いて、原宿に来たついでにちょっと立ち寄ってくれました。

 初めてのお客様の反応が気になるところでしたが、皆さんお店の内装や木製の本棚を気に入ってくださり、用意している身としてはとりあえずほっとしました。

 ご存じの絵本のタイトルを見つけて懐かしんでいただいたり、初めて見る絵本を開いてくすっと笑われたり、みなさん興味を持って店内探検してくださいました。

 そのうち、絵本を通して心に浮かんできた子供の頃の思い出をお連れ同士で語り合われて、ちょっと童心に戻ったようでした。
 
 誰にも子供の頃大好きだった絵本や、読み聞かせて貰って心に残っている思い出があるものなのですね。
 大人になっていつの間にか忘れてしまっていても、久しぶりに思い出の本に出会ったとたん、楽しかった子供の頃の情景が脳裏に絵本と一緒に蘇って来ます。

 改めて絵本の魅力を見直しました。
 早く開店してたくさんのお客様に来ていただけるよう、頑張ります。

上野ZOO2013年06月04日 13:00

 今朝、上野のパンダ、シンシンが出産を控えて今日から公開休止になるというニュースを聞きました。
 
 小さい子供からお年寄りまで、大人気のパンダですから、今年こそは赤ちゃんが順調に育って、母子連れだって運動場に戻ってきてくれたらよいですね。

 上野動物園と言えば、数日前に20年ぶりくらいに行ってきました。

 たまたま新聞購読のサービスで入場券引換券を貰って、「ただ」ならちょっと覗いてみようかなくらいの軽い気持ちで足を延ばしたのですが。。。

 ずいぶん変わりましたね。
 とても科学的と言うか本格的と言うか、ただの動物陳列公園から脱皮した姿に驚きました。(いまごろ遅い?)
 
 もともと動物園は好きな方で、子供のころはもっぱら上野動物園に通いましたが、だんだん新しい展示方法の動物園が増えて、多摩動物園やズーラシアには足を運んでも、コンクリートと鉄格子の上野からは足が遠のくようになっていました。

 でも久しぶりに訪れてみると、たぶん昔より展示動物の数や種類は減ったのでしょうが、各々の展示スペースが広くなって、より動物が生態に近い環境で暮らせてかつ人も観察しやすいよう配慮されているなーと感じました。

 昔は檻を覗いて動物が見つからないことが多かったように思いますが、今回はどの動物も結構動きをみせてくれていて、しっかり観察させてもらいました。

 例えば鳥を展示している館では、観察フロアがちょうど鳥の飼育ケージに植えた木々の梢の高さに位置していて、鳥たちがリラックスして木々を渡る姿を間近に観察することができました。おかげで、これまで使ったことがないくらい長い時間を鳥の展示館で費やしてしまいました。

 ホッキョクグマとアザラシの展示スペースでも、旭山動物園のアイデアに学んでとてもイキイキした動物たちの姿を拝めましたし、不忍の池の島に作られたワオキツネザルの家では、木陰でいたずらする子ザルの愛くるしい姿を追いかけることができました。

 動物園のスタイルは、結構その国の文化度を示していて、訪れる子供たちに与える影響が大きいのではないかと思います。
 
 ズーラシアや旭山や様変わりした上野のようなただ陳列するのではなくて、動物本来の生活様式に近づけて展示する動物園が増えてくれると、将来自然に関心を寄せる人が今よりもっと増えるかもしれませんね。

 勉強になった1日でした。

梅雨の晴れ間に2013年06月05日 23:02

 何日か前にたしか梅雨入りと聞いた関東ですが、今日も比較的良い天気で、夕方には風が涼しくなって過ごしやすい一日でした。

 都市で生活していると、うっとうしい雨が少ない梅雨は歓迎すべきことですが、農業にとっては畑や田んぼの水不足が心配な困った天候です。
 深刻な状況になる前に、恵みの雨がやってきてくれるとよいのですが。

 数年前、区割りの畑を借りて農家さんの指導の元、農業体験をさせてもらった時期がありました。

 7坪くらいの広さで、貸し出す前に農家さんが機械で土を一度耕してくれていたにも関わらず、いざ耕したり畝を作ったりしてみると、想像の 100倍くらいつらい作業でした。

 何とか畑っぽく整えて、種や苗を植えてみても、日照り続きで根がつかなかったり、せっかく生えてきた若葉をヨトウ虫に食い荒らされたり、
思い通りにはいきません。

 それでも私たちの至らないところを農家さんがフォローして下さったお蔭で、初夏から初冬にかけていろいろな種類の作物が収穫できて、とても豊かな食卓を楽しませてもらいました。

 夏場つぎつぎできるキュウリは、まだ小さいうちに収穫してそのまま食べてみると、味がとても濃くて、ドレッシングもマヨネーズも必要なかったのは驚きでした。

 トマトも赤くなる前のまだ青くて小さいものを収穫して、素揚げにしてパスタに使うと、程よい酸味とうまみが実の中に閉じ込められて、行ったことも無いのに、南イタリアの太陽に照らされたような気分でした。

 真似事だけでも緻密な計画や周到な準備や細心の注意が必要な農業。本業で従事される方々の知恵や経験や努力には計り知れないものがあるように思います。

 「数年後には農業の所得倍増!」とかぶち上げたどこかのお坊ちゃま宰相。気合いだけじゃなくて本気で実行してよ。

無くなるの?2013年06月06日 22:49

 今日のニュースで、大学入試のセンター試験が廃止されるかもしれないと聞きました。

 政府の教育再生実行会議とかいう「専門家」のみなさんの集まりで、たった一度の試験で大学の合否を決めるのは、受験生の本当の能力が見えないからよろしくないという話になりつつあるようです。

 確かに一つの意見としてはそういう側面もあるかもしれないな思いますし、センター試験の制度が時代に合わなくなったのなら廃止も仕方ないなとは思います。

 でも、センター試験前身の共通一次試験 第一回目受験世代としてはちょっと複雑です。

 その当時、大人たちは5教科7科目もの勉強を強いて受験生の負担が大きすぎるとか、いやこれで重箱の隅をつつくような知識に偏った学生が少なくなって、オールマイティーの人材が輩出されるとか、賛否の議論がありましたが、文部省の強い指導で導入されました。 
 しかし当事者となる私たちの意見など聞かれた覚えはなく、お偉い専門家の議論の蚊帳の外で、なんだかわからないうちに過去年のデーターが無い不安と混乱の受験を強いられました。

 あのころ入試地獄改善の切り札だったはずの共通一次(センター試験)が、結局は教育をダメにしている的な意見。
 じゃあそのダメな教育を受けるしかなかった私たちや後に35年も続いた世代っていったいどうなんですか? 使えない人材だったのですか?検証はしたのですか?

 大失敗と言われるゆとり教育でも、被害をこうむったのは旗振り役の専門家やお役人ではなくて、それしか選べなかった当時の子供たちです。
 
 大きな方向転換で子供たちが幸せになると信じるなら、勇気をもって断行すれば良い。
 でもその転換理由の正直な説明や、誤った制度で多くの人の人生を翻弄したことへの反省と謝罪も、政治と行政には忘れないで頂きたいものです。

 今度もまた子供たちは蚊帳の外でないことを祈ります。